Monthly Archives: April 2010

Monikaのミスティカル・ベリーダンス 

4月3日~5日まで、東京・青山で開催されたミスティカル・ベリーダンスのワークショップの通訳をしました。講師はアメリカ出身のインド人ダンサー、Monika。 Monikaはベリーダンス、ヨガ、タントラの教えを融合した独自のミスティカル・ベリーダンスを創造し、世界中でそれを伝えています。(詳しくはこのブログ本文以下の案内文参照) ワークショップ準備中のMonika Monikaはワークショップの度、参加者に美しく「装飾」することを促しました。 インドのビンディ(第三の目の辺りにつける飾り)や色とりどりのラメ(キラキラの粉)をたくさん用意して受付のテーブルに並べた様子。 主催のMishaal(右)とスタッフのMomo。 3日、「インナーライトを踊る: 女神のリチュアル」ワークショップ。 最も印象に残ったのはペアを組んでのエクササイズ。 ペアになった相手の目をお互いに数分間、ジーっと見つめます。数分後、音楽がフェードアウトするのを合図に、相手の中にみた神聖な要素を三つ、文字にして紙に書き出し、相手の封筒に入れてあげます。これを12名のパートナーと組んでやったので、最後には12枚の紙が封筒に入ることになります。 何も話すことなく、相手の目を数分間ジーっと見つめるという行為は、普段の生活の中ではやらないのでとても興味深かったです。面白かったのは中にはとても真面目に、まるで分析をするかのように私の目を見つめる人もいれば、見れば見るほどお互いに心が和んで笑顔になってしまう人もいました。もともと親しい人とはこういう場合が多かったです。 途中、涙が溢れて止まらない人もいました。 相手の「神聖な三つの要素」ですが、人によっては簡単に思い浮かぶものもあれば、「うーん、なんだろう?」という場合もありました。私の目を真面目に分析している人は特に、その人の真の姿が見えずらかった。 私は人と少しでも接すると、相手の「愛の度数」、「痛みの度数」を感覚的に分かってしまうので、それによって相手を判断してしまうようなところがあります。なので、ひたすら相手の中にある神聖さ、光の部分を見ようとするのはとても新鮮だし、挑戦しがいがありました。 「どの女性も私にとっての鏡。自分の姿を映し出してくれている。」 「どの女性の中にも私がいる。そして私の中にも彼女たちがいる。」 そんな言葉を頭の中で何度か唱えました。 これは普段の生活の中でもとても大事なことだと思いました。 もうひとつ興味深かったのは右目と左目によって受ける印象が違うこと。中には左右でまるで別人のような人もいました。たとえば、左目は「妖艶さ」、右目は「少女のような純粋さ」といったように。 最後に私がペアを組んだのはMonikaだったですが、彼女のエネルギーの強さに目がくらみそうになりました。まず左目を見て思い浮かんだのは”Passion”(情熱)、 右目を見て思い浮かんだのは”Compassion”(慈悲)、そしてしばらく見つめ合った後でやってきた言葉が”Love for life.”(生きることへの愛)。 Monikaは「文字として書き起こされた自分自身の神聖なる要素を自分の内に統合する必要があります。夜、ろうそくを灯した部屋で一人になってじっくりと読んでみてください。」 と言っていましたが、私は待ちきれず、実家に向かう途中の電車の中で読んでしまいました^^; ラブレターを読むときみたいにワクワクしながら一枚一枚を読みました。 私の場合、一番多かったのが「賢い」、「叡智」、「真理の探求者」といった言葉。 「古い魂」、「古代の神や精霊とのつながり」、「古代の叡智の継承者」なども。 「母なる愛」、「慈悲」もあれば、「力強い」、「戦士」もある。 「美」もあれば、「創造性」もある。 「大地」もあれば、「宇宙」もある。 「可憐」もあれば、「高貴」もある。 「純粋」もあれば、「深さ」もある。 「海」もあれば、「森」もある。 改めて、自分の中の光を見つめ直す良い機会となりました。 Monikaのワークショップ・シリーズ、本当に素晴らしい学びの機会となりました。 彼女は私が敬愛するAparecida(アパレシーダ)にも通じる、愛と叡智の完璧なバランスの持ち主でした。 Monikaと出会えたこと、彼女と一緒に仕事ができたことを本当に感謝します。 そして世界中から素晴らしい講師を招いてくれるMishaal、心からありがとう! 5日のワークショップの様子がベリーダンス友達、若山ゆりこさんのブログで書かれています。

Posted in ベリーダンス Belly Dance