Yearly Archives: 2011

女神のわVol.3″望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする”ご報告

12月26日、月曜日。 クリスマス・デイ、そして2011年最後の新月の翌日、シュガーソルトカフェで初の「女神のわ」が開催されました。 今回、年末の忙しい時期にも関わらず主催側を含めると10名もの女性が集うことに…。そして東京在住の友人2名を含め、他にも参加を希望してくださった方々がたくさんいらっしゃいました。とても嬉しかったのは東京に住んでいる頃からmixiでつながっていたMidoriさんが木更津から来てくれてようやく会えたこと。 今年は3.11に大地が揺れ、私たちひとりひとりも揺り動かされた年。1年を締めくくり、新たな気持ちで2012年を迎えるためにも女神のわという”場”が必要とされたのかもしれません。 いつものように瞑想と自己紹介から始まりました。ほぼ全員が初参加で、「何をする集りなのかよく分からないんです^^;」と言う方も。それでも勇気を出してこのちょっと「怪しい」、いや、「妖しい」集いに来てくれました。 瞑想の後、まずは2011年という年、特に3.11以降の体験をシェアしました。10人いれば10通りのストーリーがあります。支援村にボランティアに行った帰りに無力感を感じ、涙した話。海の近くにいるときに余震を体験し、怖くなって一時的に西に避難したものの「自分は逃げたのでは?」と罪悪感に苦しんだ話。3.11後に被災地に支援物資を届けに行ったときに被災したおばあちゃんの「私は一つで良いから、他の人に持っていってあげて」ということばに感動した話。1年前には被災地の宮城で仕事をしていたけど、職場が鴨川に変わったためほとんど何の変化も感じなかった話。それぞれの3.11以降の生活があったけれど、それぞれに心の闇を光に変容していたり、大切な学びを得ているのだと感じました。 2011年の体験をシェアした後は、今回のテーマ、“望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする”について私からひとつのアイディアをシェアしました。それが、このブログでも紹介したことのある「ドリームマップ」です。ドリームマップとは、自分の望む自分自身のあり方、生活、生き方を象徴するような写真や絵、言葉などを、大きな紙に貼ったり書いたりするというもの。私は以前から「イメージしたことは実現する」ことを信じていて、実際にそれを数えきれないぐらい体験しています。自分なりにその仕組みを説明すると、「イメージ」したことは脳のどこかで記憶されていて、日々の行動の中でとる選択肢の積み重ねがやがてそこへと導いていってくれるのだと思います。 コツは一切の制限をつけない、最大限の理想のイメージを思い描くこと。「お金がないから無理」、「時間がないから無理」「家族が◯◯だから無理」というのは一切考えません。ドリームマップを作る際、「無理なことはない」と思うのが大前提です。そしてもうひとつのポイントは一度イメージしたら手放すこと。毎日のように「あれ?まだあのビジョンが叶わないなぁ…」とか、「今頃は◯◯だったはずなのに!」というのはナシです。願いは宇宙に放ち、あとは天にお任せしましょう。きっと忘れた頃に、イメージ通りになっていることに気づきます。 この話をしていたら、みんなの目が☆キラキラ☆してきました。そう、誰もが自分の人生の物語を自分の手で書いていく力をもっていて、それは何度聞いても心が踊るものです。でも残念ながら私たちはそう教育されていません。「社会や家族の期待に応えないといけない」、「私が◯◯したら周りが迷惑する」…そうやって他者の期待するストーリーを演じてしまいます。でももっと困ったことに私たちは多くの場合、知らず知らずの内に自分自身に制限をかけてしまいます。「私は◯◯する力はない」、「◯◯したいけど、失敗するのが怖いからやめておこう」…。この場合、どんなに環境が整っていても自分の物語の主人公になることはできません。 そして特に女性は親やパートナー、子供のニーズを優先するあまり、気づくと自分の人生を生きることを忘れがちです。愛する人々を大切にすること=自分の人生を生きるのを諦めることではありません。心の中では分かっているのに、日々の生活の忙しさでつい忘れてしまう。そんなことをこの女神のわを通して再び実感できたらいいなと思います。 途中、暖房の調子が悪くなって会場が寒くなるというハプニングもありましたが、ベリーダンスの動きで温まりました^^。 女性はあらゆる「創造」と「想像」を「子宮」でするといわれているので、子宮を活性化させるエクササイズと動き、腕を回して「受け手」になったり「与え手」になる動き、そして地球のエネルギーを身体に取り込みつつ、全身バイブレーターのようになって芯から温まるシミーという動きをやってみました。 そして恒例の女神カードタイム。今回は参加してくれたあかねちゃん持参の「フェアリー(妖精)」カードも加わり、3つのデッキから。 「2012年に向けて助言をください。」と願いながら、それぞれのデッキから1枚引きました。3枚ともが似ている内容だったり、つながっているケースもあれば、3枚とも別々の助言だったケースもありました。でも、皆さんそれぞれに3枚をうまく解釈して見事なストーリーを作っていました。 私が引いたのはこちら ↓ 「Magical Messages from the Fairies Oracle Cards」から引いたのは“Get some exercise.(エクササイズしなさい)” これには笑えました。確かに寒くなってきたので家にいる時はジッとしてる時間が長いかも…。 「Goddess Guidance Oracle Cards」から引いたのは「Guinevere」。「現在の恋愛関係において、新しい情熱が沸き起こる」。 「日本の神様カード」から引いたのは「ににぎのみこと」。メッセージは「自然のサイクルに身をゆだね、地上に生命を受けたことに感謝してください。豊かな実りの時は必ずやってきます。」 今回の「女神のわ」の主催者で、会場となったシュガーソルトカフェのオーナーのizuさんが美味しいケーキ(カフェの名前をもじって、甘いのとソルティーなのの2種類!)とお茶を振る舞ってくださいました。それをいただきながら、話は延々と続きます。女性が10人も集まると何時間あっても足りませんね^^ 今年はサバイバルモードになっていて、女神のわをなかなか開催できなかった私ですが、今回izuさんに依頼されて実現できました。izuさんとご主人のTomさんが経営しているシュガーソルトカフェは地元の人も移住者も、誰でも気軽に入れる雰囲気のある素敵なカフェです。鴨川市の中でも特に過疎化に悩む大山地区に「オトナもコドモものんびりくつろげるカフェ」というコンセプトのこのカフェができたおかげでいつも子供がいて賑やか。そしてizuさんがママや女性たちが集う場も作って行きたいというビジョンを抱いているので、今後もシュガーソルトカフェで女神のわやベリーダンス関連のイベントを開催できたらなぁ~、と思っています。izuさんとシュガーソルトカフェの存在に改めて感謝です!ところで、このイベントの間、ご主人のTomさんは息子さんのHarukiくんとあかねちゃんの息子さんのベビーシッターをしてくださいました。こうしてパートナーや家族のサポートがあるおかげで女神のわも実現できます。ありがとう! 集合写真ではやっぱりオーブ(精霊)が写っていました。これだけの女性たちが集まってワイワイやってたら、精霊たちも来ない訳がないですね♪ 最後に参加してくださった美しい女神さまたち全員に愛と感謝を送ります。 素敵な時間を共有してくれてありがとう。 そして2012年もまた踊り、語り合いましょう!! ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle, あわのお勧めスポット Awa Favorite Spots

女神のわVol.3″望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする”ご案内

12月9日、金曜日。 Kuan Yin (観音) 作者不明 うちのすぐご近所にあるSugar Salt Cafeのオーナー、izuさんのご依頼で「女神のわ」を1年ぶりに開催することになりました。 3.11以降なかなか開催できなかった「女神のわ」ですが、大きく揺さぶられた2011年を締めくくり、新たな気持ちで2012年を迎えるのに良い機会となることでしょう。ご興味のある皆さまとお会いできるのを楽しみにしています! izuさんからのメッセージと案内文です ↓ 2011年、本当にいろんなことがありました。 大きな恐怖や不安。 疑い。怒り。悲しみ。 たくさんの負の感情がいっぺんに心に押し寄せました。 そして、絆、愛、信頼、 今まで意識しなかったつながりも改めて浮き彫りになった、 心が大きく揺れ動く年だったと思います。心がざわざわと騒いでいることの多かった2011年が終わる前に、 自分を見つめなおし、エネルギーをチャージする時間を一緒にすごしませんか? Elli(エリ)さんをお招きして、瞑想、話し合い、ベリーダンス…様々な心と身体に はたらきかけるワークをする女性のための集い、「女神のわ」を開催します。 誰かの娘だったり、恋人だったり、妻だったり、母だったり。 女性として自分の大切な人のことを深く想う機会が多かった2011年。 2012年は自分自身もより大切にできる一年にしたいものです。 ~女神のわ@Sugar Salt Cafe~ テーマ: “望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする” 日時: 12月26日(月)19時~21時 場所: Sugar Salt Cafe (鴨川市金束375-1 Tel:04-7098-0616) 参加費: 1500円(お茶&デザートつき) 参加人数: 10名くらいまで(定員に達し次第、締め切らせていただきます。)

Posted in Goddess Circle, イベント Event

ベリーダンス・ワークショップ その4 ~内なる巫女を呼び起こす~

11月21日、月曜日。 この日、「巫女舞としてのベリーダンス」と題した第4回目のベリーダンス・ワークショップを開催しました。 まずは「巫女舞」についてのお話。 古代に起源をもつ踊りは大抵「神懸かりになる」、または「神に捧げる」という目的をもっていたとされています。 有史以前から伝わるベリーダンスも例外ではなく、生命を生み出す女性=女神を称え、女性=巫女が神とつながったり、メッセージやエネルギーを受け取ったり、または神に祈りや感謝を捧げるために踊られていたと伝えられています。 お話の後は女神カードを引き、この日にワークする女神とご対面。一口に女神と言っても、色々な女神がいます。カードを引いたのは女神を具体的に決めることで、もっとつながりやすくするのが目的です。 まるで森の妖精のようだったAkiさん ↓ そしてまずはBumi Prenamの動きを紹介しました。Bumi Prenamはインドの寺院ダンサーが神に踊りを捧げる前に行う動きです。巫女舞 with awamania@天津神明神社でも紹介していますが、天と地、踊りの神のシヴァ神、踊りの師、母なる大地、父なる天に感謝を捧げたりエネルギーをもらい、舞台を浄化するために行います。 巫女舞ベリーダンスの動きにはベールを使いました。ベールをもつことでダンサーの周りに独特なオーラができ、より内なる巫女を呼び起こしやすいと思ったからです。 ベールはあくまでも内なる巫女を引き出すためのツール。なので、シンプルな動きをゆっくりとやっていきました。 目がわずかにベールから覗いた時にドキッとします。女神の目線を投げかけてくれたFujiyoさん ↓ そしてそれぞれが好きな動きで練習したあと、1分ほどシェアをしました。 踊っている女性から受けた印象を一言、他の女性たちに紙に書いてもらい、最後に各自が全員からのコメントを渡されました。客観的に自分や自分の踊りの印象をに知る良いチャンスです。 衣装とベールの色がピッタリだったHiromiさん。シェアの時には目をしっかりと合わせて笑顔を送ってくれて感激♪ 最後は女神ポーズで締めくくり。ぞれぞれの個性が出ていて楽しい時間です。 美しく、優雅なポーズをとってくれたNatukoさん ↓ こうして「巫女」をテーマにしたワークショップをやってみると「巫女」というテーマがあまりにも深くて、とてもじゃないけどカバーしきれないことが分かりました。また是非別の機会に追求したいと思います。 それまでに「内なる巫女」をどんどん磨いていきたいものです。

Posted in ベリーダンス Belly Dance

巫女舞 with awamania@天津神明神社

報告が遅くなってしまいましたが… 10月29日、土曜日。 秋晴れの気持ち良いこの日、天津神明神社で第17回自由広場 が開催されました。 毎度、宮司の岡野さんご一家に声をかけていただき、自由広場での出演もこれで3回目となります。 友人でもある岡野大和さん(67代目)はとても多才で、この日の様子を撮影してなんとCD-romに入れて当日プレゼントしてくれました。このブログに掲載してる写真は全て岡野さん撮影です。 境内には鯉のぼりが飾られていました。秋の青空をバックに気持ちよさそうに泳いでました。 自由広場に参加する度に思うことは、岡野さんをはじめ、ボランティアの皆さんが本当にきめ細かいケアをして下さってとてもありがたい。そんな彼らの人柄もあり、毎回大賑わいです。 前回の第16回ではクリスと友人ミュージシャンあきさんとひでちゃん(amamania)と一緒に、音楽ユニット”Ritual”としてのライブをしました。 今回はメンバーは同じなのですが、全曲amamaniaのオリジナル曲を演奏しました。控え室で準備しながら、「このメンバーで安房でライフするときは”awamania(安房マニア)”だね~(笑)」なんて話していました。 左からクリス、ひでちゃん、あきさん ↓ イントロ。クリスの笛の音が境内に響く中、インドの寺院ダンサーが踊りを捧げる前に行うBumi Prenam ↓ 天と地、踊りの神のシヴァ神、踊りの師、母なる大地、父なる天に感謝を捧げ、舞台を浄化するために四方向に向かって同じ動きを繰り返す ↓ 1曲目は「水」の要素を踊る「Moonlight」。ここはアマテラス様が奉られている神社だから本来 ♪Moonlight Moonshine♪ という歌詞をひでちゃんが♪Moonlight Sunshine♪に変えて歌った。水の要素なので、流れるようなフェミニンな動き ↓ 2曲目の「I Wonder Why」ではベールを使い、風の要素を踊る ↓ 砂の上で踊るのは初めて。ときどき砂に足をとられそうになるけれども、素足にはとても心地良いし、何よりも自然だなと感じる。地面の凹凸が旋回しているときに微妙なブレを生み、トランス状態に入りやすい ↓ なんども旋回するときはコンクリの上でした方が安定してました^^ ↓ 3曲目の「時を越えて」では大地としっかりつながって土の要素を踊る。衣装の雰囲気もあってか、我ながら巫女のよう ↓ エンディング曲は即興。音楽のテンポがあがり、火の要素を踊る。「ジル」 (フィンガー・シンバル)を鳴らしながら早くてシャープな動き ↓ 子供たちが目をキラキラさせて音の元が気になっている。観客席に侵入して子供たちと戯れる ↓ 今回、ライブの途中までアンプの主音源が切れていた、というハプニング^^;もありましたが(前半の音楽やトークが聴こえなかった方、すみません)、とても気持ちよく、楽しいステージでした。主催の皆さま、遊びに来てくださった皆さま、そして見守ってくださった神々に心より感謝します。

Posted in あわのお勧めスポット Awa Favorite Spots, イベント Event, ベリーダンス Belly Dance

ベリーダンス・ワークショップ その3~新しい自分、新しい命の祝福~

相変わらずブログ更新が遅れててスミマセン! 9月26日、月曜日。 3回目のベリーダンス・ワークショップの日。 テーマは「ミスティカル(神秘的)な自分を発見する」でした。 まずは基本中の基本。姿勢を正すことから始まりました。 どんなに正確に動けても、姿勢が悪ければ美しい、神秘的な動きにはなりません。踊りの基本はまずは立ち姿から美しくなること。 私は元々とても姿勢が悪く、ベリーダンスをはじめたのがきっかけでかなり変わりました。 姿勢が悪かった理由としては「近眼だから」というのもあるかもしれませんが、一番の理由は自分への自信のなさからきていました。 それは自分の身体や容姿に対する自信のなさも含まれ、とにかくコンプレックスだらけ。 今年の1~2月にタイで受けたMystical Dance Teacher Training Courseで知ったのですが、どうやら乙女座は完璧主義者なだけに批判精神も旺盛なのだとか。Judge(判断をする人)の女神カードを引いたときは本当にドキッときました。(詳しくはこちら。)乙女座の場合、その判断の対象は主には自分に向けられるようです。そんな訳で子供の頃から自分に厳しく、思い描く理想から離れている分だけついつい自分を批判してコンプレックスだらけに。思春期にはかなり猫背になっていました。 大学時代から舞台に出演したり、30歳からはじめたヨガで多少は改善されたようですが、でも決定的だったのはベリーダンス。 ベリーダンスをやっている内に自分の容姿や身体の特徴を受け入れられるようになりました。それはベリーダンスの動きが女性の身体の美しさを大前提にしているから、そしてさらにその美しさを助長するからなのでしょう。自分の容姿や身体のことを少しずつ好きになり、受け入れられるようになったのです。 話が脱線しましたが、要は自分の内面にある物がそのまま外に体現されます。姿勢というのもその一つです。なので、姿勢を正すためには自分の内面を見つめる必要があります。ワークショップではそこまでは踏み込みませんでしたが、パートナーを組んで相手を見つめがら歩いたり、動いたりしました。 ミスティカル・ダンサーにとって表情もとても大切です。相手に愛を送る、感謝を想いを伝えるなど、何かしら「目的」があると表情が生きてきます。表情の練習をするために、輪になりました。まずは一人が輪の真ん中に立ち、全員から愛のエネルギーを送ってもらうというエクササイズ。真ん中に立っている人はひたすら他の女性たちからエネルギーをいただき、好きなように動く。次に、また一人ずつ輪の中に立ち、自分に愛のエネルギーを送ってくれた全員に対して感謝の踊りを踊りました。これも決まった動きはなく、ただ動きを通して感謝を相手に伝えるというエクササイズ。 人前で何かをするのは誰でも緊張します。ましてや踊るなんて(しらふなのに)、通常だったらほとんど拷問まがいでしょう。でも、人からエネルギーをもらっている、または人へ感謝の想いを伝えている、という「目的」ができると羞恥心は紛れます。もちろん、こういったエクササイズをする前に「誰も自分を評価しない」という雰囲気が流れていることが大切です。今回、初参加の方もいましたが、みんなとても良い踊りを舞っていました。「踊りは技術ではなく、ハートです。」ベリーダンスの師匠、Mishaalがよく言っていたのをふと思い出しました。 私は10代から人前で歌ったり、踊ったり、芝居したり、わりと自分を表現している方ですが、それでもつい数年前までは人前でベリーダンスを踊る度にかなり緊張していました。主には「人から評価されること」を恐れてのことです。ところが、私が敬愛するベリーダンサー/ヒーラーのアパレシーダが主催した、とある踊りの儀式に参加したことで何かが変わりました。その踊りの儀式では、女性たちが輪を作り、一人ずつ順番に輪の真ん中に立って、2~3分目を目を半分閉じた状態で「動く瞑想」をするというものでした。アパレシーダは「ベリーダンスの動きにとらわれず、音楽に自分を委ねて好きな動きをしてください。ゆっくりと動くことが大切です。他の女性達は真ん中で踊っている女性を一切評価せず、ひたすら、愛と光を送ります。」この時は、輪の真ん中に向かう脚が震えていました。でも、いったん輪の中に入って動き出すと、なんだか恍惚とした気分になり、一瞬人に見られていることを忘れました。踊りは人に見せるためのものではないんだ。あくまでも自分と、見えない何かとのつながりを動きで表したもの。でも見ている人たちも、その見えない何かとつながった踊り手を見ることで共鳴したり心が動く。この時以来、私の踊りは変わりました。 最後の15分で臨月のまちゃさん(スタジオのオーナーさん)にスタジオにやって来てもらいました。そして、彼女に座ってもらい、全員が輪になって、一人ずつ彼女への祝福と安産の想いをこめて踊りました。 まちゃさんのウルウルな様子を見て、私もウルっときました。一説にはベリーダンスは本来、豊穣祈願や安産祈願の踊りだとて伝えられています。臨月のまちゃさんに皆で踊りの祝福ができて本当に良かった。 後日談ですが、10月5日にまちゃさんから無事に元気な男の子が生まれたとの連絡が入りました。天音(あまね)くんと命名したそうです。 本人のことばをそのまま借りると 「陣痛~出産中、雨が降ってて 天の恵 天(雨)音に励まされ 祝福され この世に誕生した命」だから。 なんて素敵な名前! 天音くんの誕生、そして母となったまちゃさんを心から感謝&祝福します。

Posted in ベリーダンス Belly Dance, メッセージと思想 Messages and Thoughts