「本当の自分とつながる」ということ 新年会@yuj 

1月8日、金曜日。

ベリーダンスを教えているスタジオ、yujにて新年会がありました。

その場を借りて、二人の生徒さん、MachaさんとHiromiさんの初の人前でのパフォーマンス。

ベールを羽織っての登場 ↓

夜クラスに必ず来てくれるHiromiさん。優雅な旋回に感激! ↓

スタジオのオーナーでもあるMachaさん。色々な動きを見事につなげていました! ↓

ベールを使ってのレッスンを始めたのは去年の11月。2ヶ月だけで、ここまで踊れるようになって誇らしい!何しろ、私は一切振り付けをしません。基本的な動きを教え、あとは踊り手に委ねます。踊り手はその時の音楽、その場の雰囲気で踊りたいがままに踊る。これがベリーダンスの最大の魅力のひとつです。

あらかじめ決められた動きを覚えて、再現するということは大変なことです。私は到底できません^^;でもいざとなるとその振り付けの後ろに隠れることもできます。ところが即興の場合、一瞬一瞬が無からの創造の瞬間で、あるがままの自分をさらけ出すことになります。

そのためには自分を完全に「音楽」や「踊り」に委ねることも必要だし、委ねるためには自分に自信をもつことも必要です。自分に自信をもつためには、ありのままの自分を完全に受け入れて愛することが必要です。

踊りはまず、自分を変えるための手段です。私の師匠、Mishaalは「まずは踊りを通して自分を癒しなさい」とよく話していました。私の人生を大きく変えたダンサー、Queen Harishは「良い踊り手になるためのアドバイスは?」と聞かれ、「自分の中をclean(キレイに)すること」と言いました。「clean(キレイに)する」とはつまり、自分の中にあるネガティブなものを浄化してなくすということです。癒すにしてもキレイにするにしても、同じことです。「本当の自分とつながる」ということです。そして本当の自分とつながった時に初めて人や、世界に向けて光を放つことができます。

MachaさんもHiromiさんも、そして予定があわず参加できなかったその他の生徒さんたちも、レッスンを重ねるごとに見る見る変わってきています。そして新しい自分を楽しんでいます。教える私にとってはそれが一番嬉しいことです。

私のソロタイム ↓ ベリーダンスの色々な要素を披露 ↓

皆さんと目が合うとニッコリと笑ってくれたり、しっかりと見つめ返してくれるのが何よりも嬉しかった。

ヨガの先生、Mioちゃんは「私やっぱ、こういう踊り好きだわ~」と言いながら、その場で立ち上がって踊っていました。

ダンサーが何を目的に踊るかは人それぞれ。

私の場合は人を動かし、インスパイアし、本当の自分とつながるきっかけとなることかな…

そのためにも日々自分を癒し、お掃除してます♪

プレゼント交換タイム! 子供たちも大盛り上がり♪

ほとんどの方が初対面でしたが、この新年会で千倉方面の皆さんと会えてよかった♪

みんな明るく、楽しく、自然な笑顔が美しい人々でした。

最後にyujという素敵な「場」を提供してくれているMachaさん、ありがとう!

Posted in イベント Event, ベリーダンス Belly Dance, メッセージと思想 Messages and Thoughts