パンガン島 その4: Mystical Dance Teacher Training Course

今回のパンガン島滞在の主な目的はMystical Dance Teacher Training Course(35日間)を受けること。

講師のMonikaは去年の4月、Mishaalに招聘されて東京でMystical Danceのワークショップを開きました。私は通訳として参加しましたが、彼女の教えに深く感銘を受けました。Mystical Danceを直訳すると「神秘的な踊り」で、ベリーダンスをベースに、インド舞踊、イスラム神秘主義のスーフィ旋回舞踊、モロッコのゲードラ、などの様々な伝統の神秘的な踊りの要素が加わったもの。

私はベリーダンスと出会って以来、いつもこの踊りの神秘的な部分に惹かれていました。それはつまり、祈りや瞑想としての部分であったり、女性性の癒しやエンパワーメント、自己変容、エネルギーワークや魔術としての要素でもあります。

Monikaが初のMystical DanceのTeacher Training Course (講師育成コース)を開くことを知った時、絶対に受ける必要があると感じました。私がベリーダンサーとして、そしてベリーダンスの先生として伝えたいことの全てがこのコースにあるから。

そしてそのコースの第1週めがいよいよスタートしました。

123日、日曜日。19:00~コース受講生の歓迎ディナー・パーティ。

15ヶ国から24名の女性がこのコースを受けるためにタイの小さな島、パンガン島に集結。べジタリアン&ビーガンのレストラン「Big Mountain」は華やかな雰囲気に。

一番右がMonika ↓


受講生の出身国はアメリカ、日本、オーストラリア、イスラエル、オランダ、イギリス、カナダ、ドイツ、などなど…。誰と話してもすぐに打ち解ける。まるで世界中に散らばった姉妹たちと再会をしてるような感覚です。日本人は私以外に二人いて、アメリカからの4名に続いて、日本は2番目に受講生が多いようです。

私のベリーダンスの師匠、Mishaal(左)も参加します ↓

最後にMonikaから全員へプレゼントがありました。それは小さな女神像でした。くじ引きのようにして袋の中から女神像が入っている小さな巾着を引きました。女神像は3種類。変容の女神Durga、芸術の女神Saraswati、豊かさの女神Lakshmi。私が引いたのはSaraswatiでした。日本で弁財天、弁天様として知られるこの女神様とはとても親近感があるので、ここでまた登場してくれてとても嬉しいです。

これからの5週間、踊りと魔法の世界にどっぷり浸かります。Saraswatiに見守られながら…

Posted in Goddess Circle, ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel