避難所計画@大山小 

3月18日、金曜日。

地域の廃校での被災者受け入れ準備に向け、今日も進展がありました。

17:00に有志が市役所に集合し、鴨川市教育長に旧大山小学校を被災者受け入れのために利用したいと申し出をしました。また、私たちの目的、どのような運営を考えているか、市にどんな協力を求めているかを伝えました。私たちの申し出に対し、市は協力的に応じてくれました。

19:00からは大山廃校利用有志の会のメンバーが集まり、ブレーンストーミング・ミーティングをしました。自分たちの地域だって地面は揺れるし、この地震で生活(特に経済的な意味で)に何らかの影響を受けていない者は一人もいない。本当に、自分たちで被災者を受け入れて生活をさせるられるのだろうか?不安もあるし、懸念もある。

大山廃校利用有志の会の役員を中心としたミーティングの様子 ↓

でも、この避難所計画は大山廃校利用有志の会だけでなく、この地域に住まう有志全員が運営に関わる。さらにfacebook、twitter、mixi、ブログを通してこの動きを発信したところ、既に何人ものボランティアが参加の意志を示した。全員が自分の生活を持続させながら、自分のできる範囲で協力をする…ということで一致団結。

「この写真は世界に発信しますよ!」と言ったらみんな良い笑顔!

明日はawanovaにて移住者を中心にさらに話し合い、明後日は9:00から大山小を掃除したり、校舎をどのように使うのかをシミュレーションします。そして畳屋さんに寄付してもらった畳を運び込みます。被災者の方々の状況を見ると一刻の猶予もない。少しでも早く、避難所のインフラを整え、組織を作っていかねば!!

という訳で、鴨川にアクセスでき、ご協力いただける方は是非お願いします!

日時:3月20日、日曜日。9:00〜

場所:旧大山小学校体育館前

持ち物: 掃除用具(掃除機、雑巾、バケツ、ほうき、洗剤などなど。窓掃除もします。)マスクもご持参下さい。

Posted in あわコミュニティ Awa Community, 日々のつれづれ Diary
4 comments on “避難所計画@大山小 
  1. shizuka says:

    えりちゃん、
    頑張ってるね。写真は、男性陣の中で場を柔らかく
    取りまとめる巫女のように見えます。
    自分にできることを。みなこの状況の中で頑張っている。
    鴨川にはこの連休いけないけれど、応援してます。

  2. elli says:

    Shizukaちゃんありがとう!昨日は不安がっている同志たちを「これは非常事態だから、やれるだけやりましょう!」と勇気づける立場でした^^
    同感です。それぞれの人がやれることを穏やかな気持ちでやれれば良いと思う!

  3. おかの says:

    大山小学校も進んでいますね!
    不安はみなさん多いと思います。
    今回の震災でも積極的に動いている、亀田病院の院長にむかし言われたことば。
    「やらない理由でなく、やる理由を見つけよう」
    いまこそ、そのときです。
    情熱をもって、同時に冷静に、迅速に進めていきましょう。

    • elli says:

      良い言葉ですね!「やらない理由でなく、やる理由を見つけよう」
      亀田病院も施設を丸ごと受け入れて素晴らしい!
      今はあまり考えないで動くことが大事だと思っています。
      岡野さんのような頼もしい同志がいて、本当にラッキーです♪