被災者をお迎えした支援村

4月15日、金曜日。

4月13日のミーティングにて ↓

先月の17日に立ち上がった、鴨川市大山支援村。(経緯はこちらの過去のブログをどうぞ。)

地域の皆さんや遠方からのボランティアの方々の協力を得て、10日もしない内に廃校を宿泊できる施設に整え、物資も一通り揃いました。
たくさんの人が時間が加速していると言うけど、今回の動きの早さには自分たちも驚いているほどです!事務局メンバーがすごく良いチームであること、そして事務局スタッフをやって下さっている皆さんをはじめ、数多くのボランティアの方々に支えられているからこそです。

3月28日には事務局がオープンし、4月3日〜6日までは事務局メンバー2名が被災地を訪れました。

各地の避難所に電話したり、ネット上で「支援村」の存在をアピールしても、さまざまな事情で被災者はやってきませんでした。
被災地を訪れて分かったことは、地震や津波の被害にあわれた方たちは「復興」への希望があるため、土地を離れようとは思いません。避難所生活は苦しいけど、なんとかしのいで村や町を再建しようと考える人が多いようです。

一方、原発の被害にあわれた方たちは、どんなに村に戻りたくても戻れません。移住先を探す必要があるのですが、新たな人生のステージはそう簡単に決められるものでもありません。ましてや多くの方々がネット環境もなく、車もない状況なので自分の力で調べて探す手段が限られている状況です。

支援村ではそれらの状況を踏まえて、鴨川にお連れする「2泊3日のバスツアー」を企画し始めました。避難所生活が1ヶ月も続き、お疲れのことでしょうし、気分転換も兼ねて気軽に鴨川に来てもらおうと。その矢先の13日(水曜日)に急展開がありました。事務局が開く9:00になるや否や電話が鳴りました。

かけてきたのは栃木県鹿沼市の体育館で避難所生活をされているHさんでした。

Hさん(浪江町)の話によれば、「原発の影響で村には戻れないので移住先を探しています。掲示板に張ってある“大山支援村だより”を見て、鴨川を一度見に行きたいと思っています。友人のOさん(飯舘村)と一緒に行きたいのだけれど、車がないので迎えに来ていただくことは可能ですか?」 とのことでした。

そこで支援村では急遽、Hさん夫妻とOさん夫妻の滞在準備をしつつ、翌日の14日にお迎えにあがりました。

昨日の様子はこちら

急に決まったことで、ほんの一握りの人たちにしか声をかけなかったのですが、一日の間にHさんやOさんが泊まる部屋が整えられ、村のみんなが持ち寄った手料理で歓迎の想いをこめた夕食会が開かれました。昨夜は支援村でお風呂に入って泊まっていただき、今日は鴨川市内をご案内。

Hさん夫妻、Oさん夫妻の笑顔を見たり、感激の声を聞きながら、こうして直接的に被災者の方たちを支援することができて本当に良かった!という想いでいっぱいです。

一緒に支援村を作っている仲間たちに感謝です!
そして今後、一人でも多くの被災者をサポートできますように!

支援村はまさに今、動き始めたばかりです!

支援村では今、桜が満開 ↓

Posted in あわコミュニティ Awa Community
5 comments on “被災者をお迎えした支援村
  1. shamian says:

    大山は避難された方々が新たに移住されるのにうってつけの場所だと思います。
    自分たちが今まで住んでいた感じにも近い安心感と温かいスタッフとこの土地の持つゆるやかなエネルギーが人々を受け入れどんどん癒すからだと思います。
    これからどんどん忙しくなるね!

  2. umi says:

    えりちゃん

    素晴らしい経験をしているね!
    人助けって助けられる方も助ける方も幸せになって一石二鳥だね。
    激リスペクトです!

    私も自分ができることからやっていきたいとインスパイアされました。
    ありがとう!!!

  3. elli says:

    shamianさん
    被災された方々はやっぱり田舎だと落ち着くみたい。あと、暖かい!と喜んでました。安房を気に行ってもらえると嬉いな。

    umiさん
    コメント、ありがとう!
    私たちもこの支援村が始まったことで多いに癒されてます。
    ほんのちょっとしたことからでも良いから、人助けをしていきたいね。

  4. Wakana says:

    えりちゃん、支援村のみなさんの行動力、本当すばらしいです・・・!!
    ずうずうしくも
    いつもいっしょに参加させてもらってるような気持ちで読んでいます。

    人に喜んでもらえる事ができるって、ほんとう幸せなことですよね。
    私も小さなことでもなんでも行動にうつしてがんばります。
    いつも勇気をありがとう・・!!!

    • elli says:

      Wakanaさん
      コメントありがとう!人間の本質上、人の役に立てることはとても幸せなことだよね!
      今回の活動を通して、仲間やコミュニティーの支えがあってこそ一人一人が力を発揮できるんだなと思ってます。
      あと、市民のパワーはすごいです。行政だけではどうしてもここまではできない。
      行政とは連携を保ちつつ、市民ができることをどんどん実践していきたいと思ってます。