歌って踊って楽器ならして バイバイ原発!

4月24日、日曜日。快晴。

アースデイ東京2011と「バイバイげんぱつ エネルギーシフトパレード(エネパレ)」に参加するため、2泊3日で東京滞在。

最高に楽しかったのは24日の“エネパレ”! 動画集はこちら

生まれて初めてのデモ行進に参加しましたが、友人のミュージシャン・カップル、あきさんとひでちゃん(amamania)が鳴り物楽器をたくさん持って来てくれていたので、パレード中はずーっと音を出したり、歌ったり、踊ったりしていました。やっぱり世界を変えるには音楽、歌、踊りで表現を通して楽しくやるのが一番!!

シュプレヒコールに代わって、ひでちゃんが歌い始めた “バーイ、バーイ、げーんぱつ♪”というメロディーを口すざみ、見慣れた渋谷の街を踊り歩く。笛やマンドリンにあわせて太鼓でリズムを刻みながら…。 途中、ジプシーの気持ちが分かるような気がしました。ジプシーたちはインドからヨーロッパに移動しながら、行く先々で差別を受けたり、社会に虐げられた民 族。彼らは怒りや悲しみを全て音楽と踊り、つまり「アート」に変容して表現していきました。

私たちは今回の原発被害によって直接的には被災していないかもしれない。けれども、毎日ガイガーカウンターの数値を気にしながら生きている。私たちが吸っ ている空気、飲む水、食べる野菜や果物が安全なのかどうか、心のどこかで気になっている。いつまでこんな生活が続くか分からない。心の奥底では皆怒ってい るし、泣いている。怒りがふつふつと湧いてくる。でもその怒りや悲しみを音楽と踊りへのエネルギーに変容することで、主張は表現になり、戦いはアートになり、デモはパレードになる。それが私たちらしいやり方だなと実感する。

3.11を期に私たちは目覚めた。地震の多い日本にいつの間にか54基も原発が建っている現実に。そして本当は原発がなくても日本中の電力がまかなえることに。ふざけるな!人の命を何だと思っているんだ!全て政府のせいだ!電力会社のせいだ!いや、でも、こんな国にしたのも、私たちひとりひとりなんだ…。だから何かせずにはいられない。

多いに盛り上げてくれたひでちゃん&あきさん ↓


良樹さん&息子さんのかっちゃん  鴨川のみんなも音出しに参加♪ ↓


みほさん&なほこさんも当日鴨川から駆けつけて参加 ↓


鴨川自然王国のミツヲさん ↓


菜の花が似合ってるクリス ↓

そして私 ↓

パレードのスタート地点の人だかり! ↓

私たちは先頭の「ファミリーグループ」にいたので子供たちもたくさん ↓

パレードに参加する人々が続々と集る↓

いよいよスタート! 渋谷の街を歩く様子 ↓

街行く人たちも立ち止まって写真撮ってました  ↓

懐かしの風景の中を歩く ↓

パレードの一員として歩いていると渋谷の街が全然違って見えました ↓

あきさんはマンドリンで大活躍 ↓

クリスもずーっと笛を吹いていました ↓


子供たちも頑張って歩いてました ↓

時おり、誰ともなく始まる掛け声でみんな大盛り上がり ↓

1時間ほど歩いてスタート地点に戻ってきました ↓

“エネパレ”には5000人ほどが参加したそうです。

子供も、お母さんも、お父さんも、妊婦も、若者も、おじいさんも、おばあさんも、日本人も、外国人も、主婦も、サラリーマンも、ミュージシャンも、芸能人も、著名人も…たくさんの人たちが“エネパレ”に賛同し、一緒に渋谷の街を歩きました。

みんなの想いはひとつ。

「バイバイ原発!ありがとう。さようなら!」

今後も全国でたくさんのパレードが開催されます。是非一緒に歌って踊って楽器を鳴らし、私たちがどういう国に、世界に生きていきたいのかを表現しましょう!そして今度こそは自分の生きる現実に責任を持ちましょう!

全国で開催される、脱原発関連のデモやイベント情報はこちら→ http://d.hatena.ne.jp/tea_67/

脱原発に関する様々な情報を提供しているeシフトのサイトも併せてどうぞ →http://e-shift.org/?cat=12

Posted in あわコミュニティ Awa Community, イベント Event