Dance of Shiva その2 〜シヴァ神にご挨拶〜

5月20日、金曜日。

去年、鴨川に引っ越したことを期に脱ペーパードライバーを果たしたクリスと私。でも房総半島以外で運転するのは初めての試み。
今回、Dance of Shivaに参加するため、初めて東京湾フェリーに乗って車ごと房総半島から三浦半島へと移動しました。

フェリーから見える房総半島 ↓

クリスは元米海軍の軍楽隊のサックス奏者だけど、横須賀基地をベースに船に乗って海を渡って東南アジア、オーストラリア、そして中東まで渡って演奏活動をしていたそうです。山も似合うけど、海もなかなか似合ってるかも..。

5時間ほどのドライブを経て、無事西伊豆のオートキャンプ銀河に到着。途中の山や海の風景は房総半島にとてもよく似ているけれども、山の高さはだいぶ違いました。房総半島の山は高さがなく、丸みがあって女性的。伊豆半島の山は高くてより直線的で男性的な雰囲気がありました。

キャンプ場に到着してまず目についたのがティピ。その中にはシヴァ神のご祭壇がありました。Dance of ShivaはTirakitaというインドやアジア雑貨・民族楽器の専門店が主催しているイベントですが、ちゃんとシヴァ神の祭壇を設置しているところはさすがであります!

もちろん、到着早々にシヴァ神にご挨拶  ↓

今回の旅は初めてのことばかり。キャンプ場での宿泊に備えてテントや寝袋を揃え、到着するや否や場所を見つけてテント張り。途中で真っ暗に なってしまったけど、無事テントを張り終えることができました。途中、amamaniaのあきさん&ひでちゃん、鴨川に住んでいる友人のみつさんひろのちゃん (今回写真撮影をしてくれた)も到着し、仲間同志で同じ一角にテント村を作りました。なんだか古代の集落みたいで楽しかったです。

この夜は、表参道時代にクリスが笛を習い、私がインドの歌唱法を習った寺原太郎先生のステージがあり、素晴らしい音の世界に浸りました。写真がないのが残念..。

5月21日、土曜日。

そうこうしている内に夜も更け、それぞれのテントに戻って寝ることに..。ただこのイベント、夜通しトランス音楽が鳴り響き、簡単には寝ることができない様子。私は翌朝のヨガに参加たいがために執念(?)で寝ました。ガンガンのトランス音楽のビートを聴きながら、「私は眠い。だから寝るのだ。」と呪文を唱えている内に寝ていました。

おかげで6時間は寝ることができて意外(?)と爽快な気分で朝を迎えました。私よりもセンシティブなクリスは一睡もできなかったようでかわいそう!
Momo先生のヨガクラスではスペシャルゲストで向後隆さんのエスラジ演奏もありました。私はヨガを始めた2005年、ヨガフェスタというイベントで向後さんと奥様の赤根彰子さんによる「ヨーガと音の瞑想 」というクラスに参加して不思議な体験をしました。向後さんのエスラジ演奏と赤根さんのことばによる誘導で、自分とクリスが光の玉になって宇宙に浮いているビジョンが見え、そこからどんどんとストーリーが展開していったのです。最後には自分も自分の中にも、自分を取り囲む世界にも「愛」しかないことを悟ったのでした。あまりの幸福感に涙がとめどなく出てものすごい魂の浄化作用が起きました。そんなこんなでこの朝のヨーガクラスは是非参加したかったのです。


杉の木が生い茂る森の中、向後さんの音楽を聴きながらのヨーガは至福の時でした。旅や睡眠不足の疲れも癒され、夜の自分のステージに向けて心身を整えることができました。

出演者には一日三食まかないのサービスがあり、インドカレー、タイカレー、日本カレー、シチューから選ぶことができました。まかないのお兄さんたちは皆さん気さくでナイスでした。

Tirakitaの梅原さんが突然こんな楽しい風船の「帽子」をくれた! 新しいお友達のKoutaくんと ↓

ひでちゃん、似合ってるし.. amamaniaのステージでかぶってよ〜 ↓

ステージに向かう階段や周辺の小路はこんな素敵な演出 ↓

ステージエリアはフェスティバル♪な感じでとても賑やか ↓


昼過ぎ、こんな感じでまったりと南インド音楽を楽しむ人々 ↓

ステージでもしっかりとシヴァ像が奉ってありました ↓

横から客席を撮った様子 ↓

インド古典舞踊バラタナティアムの野火杏子さんの舞。表情による表現力には感嘆!クリシュナのポーズでパシャ  ↓


3人のダンサーによる明るい曲。揃ってる〜 ↓

最後のポーズも見事に決まりました ↓

ガムラン・バンドのSORMAのステージ。すごく盛り上がってました〜。一昨年訪れたバリを思い出したなぁ。


SORMAのステージの頃から段々と霧が濃くなってきて、フォッグマシーンを焚かなくてもこんなに妖しげな雰囲気に..。

SORMAに続いてMAKYOのライブがあったのですが、霧がすっかり濃くなって風も吹き始め、雨もポツポツ降ってきました。MAKYOの出演者はほとんど知り合いばかりだけど、なんと言っても音がカッコイイ。霧がミスティカルな雰囲気をより一層深めていました。私がベリーダンスを習ったDevadasi Studioの先輩、HAYATIの妖艶な舞も堪能させてもらいました。天候のため、写真が撮れなかったのが残念〜

いよいよ、次が出番。テントに戻ってメークをしていると雨音がさらに激しくなってきた!さてamamaniaのステージはどうなるのか!?

に続く

Posted in イベント Event, ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel