ベリーダンス・ワークショップ その2 ~土、水、火、風を踊る人生の旅路~

8月22日、月曜日。

2回目のベリーダンス・ワークショップ。この日は「エレメンツ(元素)を踊る」がテーマ。

土、水、火、風…4つの元素を現すベリーダンスの動きを簡単におさらい。

そして、一人一人に40分ほどの瞑想と踊りの旅に出てもらった。人生の旅路に。

「私を含め、誰もあなたの動き・踊りを見て評価する人はいません。全員が自分の世界に入り、それぞれの旅路に出ます。」

部屋の照明を暗くして、床に寝転がり音楽をかける。

最初の音楽は「空」、または「宇宙」を現す音楽。

宇宙に漂う一つの光から、地球に転生してお母さんのお腹にいる胎児となる。

原始的で生命力あふれる「大地」の踊り、人生の春を思わせる若々しいエネルギーが溢れる「水」の踊り、

自信が芽生えて、想いや意志をを強く表現する「火」の踊り、愛で自分や自分の周りを満たす「風」の踊り、

そして最後には再び「空」となり「宇宙」へと還っていく。

それぞれの旅が終わった後、

「自分の中こんなにも色々な感情あることに驚いた」

「最初はどう動いたら良いか分からなかったけど、途中からもう何でもいいやと思えた」

「こういう事を学校で教えて欲しかった」

「最初から最後まですごく楽しかった。良いものを見つけちゃった~、って感じ。」

など、色々な感想が飛び出した。

このテーマでワークショップをするのは初めてだったので私にとっても大冒険。

何せ、初めて来てくれた人もいる中で、40分もの間、「どうぞ自分の世界に入って自由に踊ってください」と言うのだから。

でも私にとって踊りとは、決まった型を学んでそれを正確に再現することではない。

その時、その場で流れている音楽とつながり、日常を離れて旅に出ること。

そしてその旅の道中、次の瞬間に何が起きるか分からない。どこに行き着くかも分からない。

だから完全にその場、その瞬間を踊る=生きる必要がある。

ちなみに今回のワークショップのテーマは私のベリーダンスの先生のMishaalから学んだこと、

そして1・2月にタイで受けたコースでMonikaから学んだことの両方を融合してみました。

Mishaalからはそれぞれの元素をベリーダンスで表すとどういう動きになるかを教わり、

Monikaからはどの元素がどのチャクラ、身体の部位、感情に対応しているかを教わりました。

最後は恒例の女神カード・タイム。

でも今回は敢えて4つの元素、そして「空」を司る女神のカードのみを事前にセレクトして、引きました。

皆さん、それぞれ引いたカードの助言に納得していました。

私が引いたのはこちら。

ケルトの妖精の女神、Cordeliaからのメッセージは:

「外へでましょう。外で日々体験することは、あなたの魂を生き返らせるだけではなく、この惑星が
今存在していてこの先もずっと続いていくであろうという希望と信念を与えてくれます。」

世界各地で異常気象、大災害、紛争、大事件、経済危機…私たちの住む地球は大きな転換期を迎えているようです。

でも生きている限り、この星がより良い場所になるという希望を持ちつづけたい。

さあ、今日も外へ出て風を肌で感じ、植物に触れよう。

Posted in ベリーダンス Belly Dance, メッセージと思想 Messages and Thoughts