Monthly Archives: November 2011

ベリーダンス・ワークショップ その4 ~内なる巫女を呼び起こす~

11月21日、月曜日。 この日、「巫女舞としてのベリーダンス」と題した第4回目のベリーダンス・ワークショップを開催しました。 まずは「巫女舞」についてのお話。 古代に起源をもつ踊りは大抵「神懸かりになる」、または「神に捧げる」という目的をもっていたとされています。 有史以前から伝わるベリーダンスも例外ではなく、生命を生み出す女性=女神を称え、女性=巫女が神とつながったり、メッセージやエネルギーを受け取ったり、または神に祈りや感謝を捧げるために踊られていたと伝えられています。 お話の後は女神カードを引き、この日にワークする女神とご対面。一口に女神と言っても、色々な女神がいます。カードを引いたのは女神を具体的に決めることで、もっとつながりやすくするのが目的です。 まるで森の妖精のようだったAkiさん ↓ そしてまずはBumi Prenamの動きを紹介しました。Bumi Prenamはインドの寺院ダンサーが神に踊りを捧げる前に行う動きです。巫女舞 with awamania@天津神明神社でも紹介していますが、天と地、踊りの神のシヴァ神、踊りの師、母なる大地、父なる天に感謝を捧げたりエネルギーをもらい、舞台を浄化するために行います。 巫女舞ベリーダンスの動きにはベールを使いました。ベールをもつことでダンサーの周りに独特なオーラができ、より内なる巫女を呼び起こしやすいと思ったからです。 ベールはあくまでも内なる巫女を引き出すためのツール。なので、シンプルな動きをゆっくりとやっていきました。 目がわずかにベールから覗いた時にドキッとします。女神の目線を投げかけてくれたFujiyoさん ↓ そしてそれぞれが好きな動きで練習したあと、1分ほどシェアをしました。 踊っている女性から受けた印象を一言、他の女性たちに紙に書いてもらい、最後に各自が全員からのコメントを渡されました。客観的に自分や自分の踊りの印象をに知る良いチャンスです。 衣装とベールの色がピッタリだったHiromiさん。シェアの時には目をしっかりと合わせて笑顔を送ってくれて感激♪ 最後は女神ポーズで締めくくり。ぞれぞれの個性が出ていて楽しい時間です。 美しく、優雅なポーズをとってくれたNatukoさん ↓ こうして「巫女」をテーマにしたワークショップをやってみると「巫女」というテーマがあまりにも深くて、とてもじゃないけどカバーしきれないことが分かりました。また是非別の機会に追求したいと思います。 それまでに「内なる巫女」をどんどん磨いていきたいものです。

Posted in ベリーダンス Belly Dance

巫女舞 with awamania@天津神明神社

報告が遅くなってしまいましたが… 10月29日、土曜日。 秋晴れの気持ち良いこの日、天津神明神社で第17回自由広場 が開催されました。 毎度、宮司の岡野さんご一家に声をかけていただき、自由広場での出演もこれで3回目となります。 友人でもある岡野大和さん(67代目)はとても多才で、この日の様子を撮影してなんとCD-romに入れて当日プレゼントしてくれました。このブログに掲載してる写真は全て岡野さん撮影です。 境内には鯉のぼりが飾られていました。秋の青空をバックに気持ちよさそうに泳いでました。 自由広場に参加する度に思うことは、岡野さんをはじめ、ボランティアの皆さんが本当にきめ細かいケアをして下さってとてもありがたい。そんな彼らの人柄もあり、毎回大賑わいです。 前回の第16回ではクリスと友人ミュージシャンあきさんとひでちゃん(amamania)と一緒に、音楽ユニット”Ritual”としてのライブをしました。 今回はメンバーは同じなのですが、全曲amamaniaのオリジナル曲を演奏しました。控え室で準備しながら、「このメンバーで安房でライフするときは”awamania(安房マニア)”だね~(笑)」なんて話していました。 左からクリス、ひでちゃん、あきさん ↓ イントロ。クリスの笛の音が境内に響く中、インドの寺院ダンサーが踊りを捧げる前に行うBumi Prenam ↓ 天と地、踊りの神のシヴァ神、踊りの師、母なる大地、父なる天に感謝を捧げ、舞台を浄化するために四方向に向かって同じ動きを繰り返す ↓ 1曲目は「水」の要素を踊る「Moonlight」。ここはアマテラス様が奉られている神社だから本来 ♪Moonlight Moonshine♪ という歌詞をひでちゃんが♪Moonlight Sunshine♪に変えて歌った。水の要素なので、流れるようなフェミニンな動き ↓ 2曲目の「I Wonder Why」ではベールを使い、風の要素を踊る ↓ 砂の上で踊るのは初めて。ときどき砂に足をとられそうになるけれども、素足にはとても心地良いし、何よりも自然だなと感じる。地面の凹凸が旋回しているときに微妙なブレを生み、トランス状態に入りやすい ↓ なんども旋回するときはコンクリの上でした方が安定してました^^ ↓ 3曲目の「時を越えて」では大地としっかりつながって土の要素を踊る。衣装の雰囲気もあってか、我ながら巫女のよう ↓ エンディング曲は即興。音楽のテンポがあがり、火の要素を踊る。「ジル」 (フィンガー・シンバル)を鳴らしながら早くてシャープな動き ↓ 子供たちが目をキラキラさせて音の元が気になっている。観客席に侵入して子供たちと戯れる ↓ 今回、ライブの途中までアンプの主音源が切れていた、というハプニング^^;もありましたが(前半の音楽やトークが聴こえなかった方、すみません)、とても気持ちよく、楽しいステージでした。主催の皆さま、遊びに来てくださった皆さま、そして見守ってくださった神々に心より感謝します。

Posted in あわのお勧めスポット Awa Favorite Spots, イベント Event, ベリーダンス Belly Dance