女神のわVol.3″望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする”ご報告

12月26日、月曜日。

クリスマス・デイ、そして2011年最後の新月の翌日、シュガーソルトカフェで初の「女神のわ」が開催されました。

今回、年末の忙しい時期にも関わらず主催側を含めると10名もの女性が集うことに…。そして東京在住の友人2名を含め、他にも参加を希望してくださった方々がたくさんいらっしゃいました。とても嬉しかったのは東京に住んでいる頃からmixiでつながっていたMidoriさんが木更津から来てくれてようやく会えたこと。

今年は3.11に大地が揺れ、私たちひとりひとりも揺り動かされた年。1年を締めくくり、新たな気持ちで2012年を迎えるためにも女神のわという”場”が必要とされたのかもしれません。

いつものように瞑想と自己紹介から始まりました。ほぼ全員が初参加で、「何をする集りなのかよく分からないんです^^;」と言う方も。それでも勇気を出してこのちょっと「怪しい」、いや、「妖しい」集いに来てくれました。

瞑想の後、まずは2011年という年、特に3.11以降の体験をシェアしました。10人いれば10通りのストーリーがあります。支援村にボランティアに行った帰りに無力感を感じ、涙した話。海の近くにいるときに余震を体験し、怖くなって一時的に西に避難したものの「自分は逃げたのでは?」と罪悪感に苦しんだ話。3.11後に被災地に支援物資を届けに行ったときに被災したおばあちゃんの「私は一つで良いから、他の人に持っていってあげて」ということばに感動した話。1年前には被災地の宮城で仕事をしていたけど、職場が鴨川に変わったためほとんど何の変化も感じなかった話。それぞれの3.11以降の生活があったけれど、それぞれに心の闇を光に変容していたり、大切な学びを得ているのだと感じました。

2011年の体験をシェアした後は、今回のテーマ、“望みどおりの自分、生活、生き方をビジョンする”について私からひとつのアイディアをシェアしました。それが、このブログでも紹介したことのある「ドリームマップ」です。ドリームマップとは、自分の望む自分自身のあり方、生活、生き方を象徴するような写真や絵、言葉などを、大きな紙に貼ったり書いたりするというもの。私は以前から「イメージしたことは実現する」ことを信じていて、実際にそれを数えきれないぐらい体験しています。自分なりにその仕組みを説明すると、「イメージ」したことは脳のどこかで記憶されていて、日々の行動の中でとる選択肢の積み重ねがやがてそこへと導いていってくれるのだと思います。

コツは一切の制限をつけない、最大限の理想のイメージを思い描くこと。「お金がないから無理」、「時間がないから無理」「家族が◯◯だから無理」というのは一切考えません。ドリームマップを作る際、「無理なことはない」と思うのが大前提です。そしてもうひとつのポイントは一度イメージしたら手放すこと。毎日のように「あれ?まだあのビジョンが叶わないなぁ…」とか、「今頃は◯◯だったはずなのに!」というのはナシです。願いは宇宙に放ち、あとは天にお任せしましょう。きっと忘れた頃に、イメージ通りになっていることに気づきます。

この話をしていたら、みんなの目が☆キラキラ☆してきました。そう、誰もが自分の人生の物語を自分の手で書いていく力をもっていて、それは何度聞いても心が踊るものです。でも残念ながら私たちはそう教育されていません。「社会や家族の期待に応えないといけない」、「私が◯◯したら周りが迷惑する」…そうやって他者の期待するストーリーを演じてしまいます。でももっと困ったことに私たちは多くの場合、知らず知らずの内に自分自身に制限をかけてしまいます。「私は◯◯する力はない」、「◯◯したいけど、失敗するのが怖いからやめておこう」…。この場合、どんなに環境が整っていても自分の物語の主人公になることはできません。

そして特に女性は親やパートナー、子供のニーズを優先するあまり、気づくと自分の人生を生きることを忘れがちです。愛する人々を大切にすること=自分の人生を生きるのを諦めることではありません。心の中では分かっているのに、日々の生活の忙しさでつい忘れてしまう。そんなことをこの女神のわを通して再び実感できたらいいなと思います。

途中、暖房の調子が悪くなって会場が寒くなるというハプニングもありましたが、ベリーダンスの動きで温まりました^^。
女性はあらゆる「創造」と「想像」を「子宮」でするといわれているので、子宮を活性化させるエクササイズと動き、腕を回して「受け手」になったり「与え手」になる動き、そして地球のエネルギーを身体に取り込みつつ、全身バイブレーターのようになって芯から温まるシミーという動きをやってみました。

そして恒例の女神カードタイム。今回は参加してくれたあかねちゃん持参の「フェアリー(妖精)」カードも加わり、3つのデッキから。

「2012年に向けて助言をください。」と願いながら、それぞれのデッキから1枚引きました。3枚ともが似ている内容だったり、つながっているケースもあれば、3枚とも別々の助言だったケースもありました。でも、皆さんそれぞれに3枚をうまく解釈して見事なストーリーを作っていました。

私が引いたのはこちら ↓

「Magical Messages from the Fairies Oracle Cards」から引いたのは“Get some exercise.(エクササイズしなさい)” これには笑えました。確かに寒くなってきたので家にいる時はジッとしてる時間が長いかも…。
Goddess Guidance Oracle Cards」から引いたのは「Guinevere」。「現在の恋愛関係において、新しい情熱が沸き起こる」。
日本の神様カード」から引いたのは「ににぎのみこと」。メッセージは「自然のサイクルに身をゆだね、地上に生命を受けたことに感謝してください。豊かな実りの時は必ずやってきます。」

今回の「女神のわ」の主催者で、会場となったシュガーソルトカフェのオーナーのizuさんが美味しいケーキ(カフェの名前をもじって、甘いのとソルティーなのの2種類!)とお茶を振る舞ってくださいました。それをいただきながら、話は延々と続きます。女性が10人も集まると何時間あっても足りませんね^^

今年はサバイバルモードになっていて、女神のわをなかなか開催できなかった私ですが、今回izuさんに依頼されて実現できました。izuさんとご主人のTomさんが経営しているシュガーソルトカフェは地元の人も移住者も、誰でも気軽に入れる雰囲気のある素敵なカフェです。鴨川市の中でも特に過疎化に悩む大山地区に「オトナもコドモものんびりくつろげるカフェ」というコンセプトのこのカフェができたおかげでいつも子供がいて賑やか。そしてizuさんがママや女性たちが集う場も作って行きたいというビジョンを抱いているので、今後もシュガーソルトカフェで女神のわやベリーダンス関連のイベントを開催できたらなぁ~、と思っています。izuさんとシュガーソルトカフェの存在に改めて感謝です!ところで、このイベントの間、ご主人のTomさんは息子さんのHarukiくんとあかねちゃんの息子さんのベビーシッターをしてくださいました。こうしてパートナーや家族のサポートがあるおかげで女神のわも実現できます。ありがとう!

集合写真ではやっぱりオーブ(精霊)が写っていました。これだけの女性たちが集まってワイワイやってたら、精霊たちも来ない訳がないですね♪

最後に参加してくださった美しい女神さまたち全員に愛と感謝を送ります。

素敵な時間を共有してくれてありがとう。

そして2012年もまた踊り、語り合いましょう!!

********************************************************

女神のわについてはこちら

これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら

Posted in Goddess Circle, あわのお勧めスポット Awa Favorite Spots