フードガーデンづくりその3: イチゴ、ソラマメ、タマネギの収穫

5月23日、水曜日。

日々変わる春のフードガーデン。

夏野菜の苗を害虫から守るために「あんどん」や寒冷紗が活躍 ↓

初めて育てたイチゴ。ケアが足りず、できた実は少なかったけどすごく甘~くて美味でした♪ ↓

ソラマメが旬です。5株植えたうち、3株が特に元気に成長。でも二人では食べきれないぐらい収穫できます ↓

3月のはじめに植えたジャガイモは青々と生い茂ってきています ↓

でもずいぶん葉を「テントウムシダマシ」に喰われてます ↓

ナス科のジャガイモは同じくナス科のトマトと同じような実がなることがあるようです ↓

タマネギのコンパニオンプランツとして植えたジャーマンカモミール。春先から急激に成長し始めてタマネギの茎葉を圧倒し始めたので何度も密集している枝を切りました。

5月6日の時点でこんな感じ ↓

あげくのはて、自らのあまりの重さに通路に倒れかかる株も… ↓
次回は縦に伸びるジャーマンカモミールではなく、背が低めのローマンカモミールをコンパニオンプランツとして植えようと心に誓うのでした。

5月23日の時点ではカモミール畑のような状態のタマネギセクション ↓

蜂が大喜び♪ ↓

去年のタマネギは土作りをほとんどせず雑草もとらなかったこともあり、ラッキョウよりちょっと大きいぐらいにしかならなかったけど、今年は比較にならないほど立派なタマネギができました! ↓ カモミール効果も一応あったのかな?

タマネギは1年分、約300個植えたので少しずつ収穫しています。

自家栽培のタマネギで料理をするのが憧れだったので幸せ~♪ ひとつずつ夢が叶っていきます^^

Posted in 農 Farming