女神のわVol.7 “自分をより愛する” のご報告

6月6日、水曜日。

金星の日面通過=Venus Transitという天体現象が起きたこの日、10名の女性が集まり「わ」を作りました。

今回も20代から60代までの様々な背景をもつ女性たちが集いました。

自己紹介の時に「自分自身の好きなところをひとつ言ってください」とお願いしたところ、「思い浮かばない」と言う人もいれば、「子供の時から自分は特別な存在だと思っていた」という人も。全体的に親にどんな言葉をかけられて育ったかが大きく影響しているように感じられました。
次第に「自分を愛すること」についての話し合いへと発展していきました。

話し合いの中で出てきたいくつかの「ことば」:

「自分の良いところは裏を返せば悪いところ」
「親に“おまえは特別な子だ”と言われて育てられたけど、自分が子供を生んで、全ての子が特別だと分かった」
「人からどれだけ愛されようと、自分自身を愛せないと満たされることはない」
「自分を愛していない人は人からも愛されない。自分を愛している人は人からも愛される。」
「自分を愛せる分だけ、人を愛することができる」

次に音楽をかけて、自分に対して語りかける瞑想。
それぞれに自分自身にことばをかけたり、逆にメッセージをもらったりしていました。

それから今回はペアを組んでお互いの目を見つめ合いながら、相手の「光の部分、女神なる要素」を見いだします。そして思い浮かんだ3つの「ことば」を紙に書いて相手にプレゼントするエクササイズ。

このエクササイズをするのは2回目の女神のわ以来ですが、今回もとてもワクワクするものがありました。
私が書いてもらったことばを紹介すると、「しんの強さ」「母性的なパワフルさ」もあれば、「かわいらしい女の子」「かわいい花」「乙女」もある。
「神秘的な魅力」もあれば、「あったかさ」、「慈愛」、「優しさ」もある。「一生懸命」「情熱」もあれば、「やすらぎ」「たんぽぽふんわり」もある。「強い想い」もあれば「需要」もある。「太陽」もあれば「月」もある。
自分の中にこうした相反するさまざまな性質が共存していて、さらに自分をよく知って愛するためのヒントとなりました。

木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)のカードを引いた今回初参加のMihoさん。メッセージは「ありのままの自分の美を受け取り、愛しましょう」。

Mihoさんがもうひとつ引いたカードはRhiannon(リーアノン)。「あなたは明確な意図を現実にできる、魔法使いのような人です」というメッセージにはかなりビビッときたようです。後日、彼女から聞いた話ではライフワークとしてやりたいという活動にこの女神さまの名前をつけるとのことです。

今回私が引いたカードはKaliと事代主神 ↓


最近もう少しポジティブ思考になることを心がけないといけないなと思っていたら…

Kali(カーリー)からのメッセージ:
「今の起こっている変化は最善へとつながっている・思考をポジティブにする、ポジティブな思考は強力である・失ったように見えることは、実は楽しく新しいことへの始まりである・過去を手放す・今が前へ進むとき」

そしてやりたいことが多すぎて焦りを感じる時が多いと感じていたら…

事代主神(ことしろぬしのかみ)
「目先に囚われないで、高い視点から今を眺めましょう。あせりは真理からあなたの目をそらせます。旅はいつか必ず終わります。今、与えられている時間に感謝して、旅行を楽しんでください。」

神々のことばをしかと受け止めて、自分をより大切に、より愛して生きることを心がけたいと思います。

最後に「わ」の中の女性たちを見ながら、一人一人が本当に尊い存在だと感じて、心が愛でいっぱいになりました。
ありがとう。
宇宙を、地球を、自然や人々を、そして自分を愛しています!

********************************************************

女神のわについてはこちら

これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら

Posted in Goddess Circle