Monthly Archives: August 2012

踊りに見る女神の色々な要素@千倉yuj

8月6日、月曜日。 この日、千倉にあるスタジオyujでベリーダンスのレッスンがありました。 レッスンの最後には最近恒例(?)のグループに分かれてのダンスのシェアをしてもらいました^^ yujは2年前に私が初めてのベリーダンス・レッスンを教えた場所です。その頃からずっとレッスンを受けている生徒さんもいれば、初参加の方もいたのでそれぞれのレベルが均等に分かれるようにグループ分け。 「では1分の踊りを作ってください♪」と言うと、みんな真剣に相談しはじめたり、動き始めたり… 登場の仕方、立ち位置、振り付け…次々と決まっていきます。 そしてあっという間に本番。 興味深いことに、どのグループも輪をつくってお互いを見る形で踊っていました。 でもそれぞれのグループの振りも違えば、醸し出す雰囲気も違う…。 快活で妖艶なグループ ↓ 神秘的で癒されるグループ ↓ 楽しげでかわいらしいグループ ↓ 女性=女神のもつ色々な要素を楽しむことができました。 yujクラスの皆さん、ありがとうございます! この千倉クラスと鴨川クラス(@バレエスタジオ)に参加して下さっているクロワール雅子さんがレッスンについてのブログを書いてくれました♪ →官能的 雅子さんは千倉で英国式リフレクソロジーのスクール&サロン、Croireを運営しています。 こんな素敵なサロンの存在を今まで知りませんでした!ぜひ行ってみたいと思います♪ 雅子さんと初めて会った時に、「この人はダンサーだ!」と思ったのですが、踊りは初めてのようです^^; でも華やかな雰囲気をもっていてベリーダンスの動きがとても似合います。 明るくてパワフルで、人を惹きつけるエネルギーをもっている方なので「ベリーダンスにハマっている」と話すと周りの女性たちも興味をもつようで、彼女の運営するスクールの生徒さんもこれまでに4人もレッスンに来てくださっています。(ありがとうございます*^^*) ベリーダンスを通して南房総の女性たちとの出会いがとても楽しく、ありがたい今日この頃です。 安房には本当に素敵な女性たちがたくさんいます♪ そしてこれからは女性たちが中心になってこの地をさらに楽しく、美しい場所に変えていく…そんな気がしてなりません。

Posted in ベリーダンス Belly Dance

ジプシー・スピリットで舞って、歌って、音を鳴らす@コヅカの森

8月5日、日曜日。 この日、コヅカ・アートフェスティバルで即興ライブ をしました♪ Photo by hirono Photo by hirono 東京から駆けつけてくれたawamania、ことShamian=ひでちゃん(左)とAkima=あきさん(右)↓ あきさんの足元にあるのはたくさんの楽器♪ステージを見に来た人たちも一緒に音をならせるように持ってきてくれました。笛などもあるのでちゃんと殺菌消毒をしてくれたのだとか…^^ ioritoのステージ演出をバックに、森の中のステージで太鼓の音が響きわたる ↓     今回の私の中でのテーマは「ジプシー」。(実は「ジプシー」は差別用語としても使われているので欧米では「ロマ」と呼ばれています。)インド出身の流浪の民である彼らが中東諸国を旅をしながら、それぞれの地域に伝わる音楽や踊りの要素をとり入れ、独自の洗練された音と舞を創造していきました。そしてロマたちの踊りは行く先々で人々に親しまれていきました。フラメンコはスペインに流れ着いたロマたちが創った踊りとして知られています。ベリーダンスもジプシーたちの影響を多いに受けていて、ひとつのスタイルとして「ジプシー・スタイル」が確立されています。 ベリーダンサーが腰につけるヒップスカーフ(コインがたくさんついていて動くとシャリシャリなるスカーフ)を生み出したのもロマたちだとか。家を持たない彼らは、ステージでお客さんにもらったお金を保管する場所がないため、「それじゃ衣装に縫い付けてしまおう」ということに…^^。次第にコインが多ければ多いほど、良いダンサーの証になったのだとか。そしていつしかベリーダンスには欠かせない衣装の一部になっていきました。 そんなロマの踊り子たちはとてもマイペースなので曲の途中でもいきなり休んでしまうそうです。そして気分がのってきたらまた踊り出す。私も真夏のステージでちょっと動くと汗だく…。なのでロマたちのように途中で踊りをお休みして太鼓を叩いたり、歌ったりしました。 そして写真を撮ってくれていたhironoちゃん(私のベリーダンスの生徒さんでもある)にベールを渡して、「はい、ステージで踊って♪」 「えー、無理だよ~」と言っていた彼女も、その内にベールをひらひらさせて舞いはじめました。 今回、一番はりきって参加してくれたのは子供たち♪楽しそうに次々と楽器を手にとって音を出してくれました ↓ 私が客席で休んでいると、次々に楽器をもってきて楽しそうに披露してくれた女の子^^♪ かわいいのでポーズしてもらいました~ ↓ このステージでは以前からコラボしたいな~と願っていたキャンドル・アーティストのwaxart Sujiさんも、後半駆けつけてくれてキャンドルを灯してくれました。アップでの写真がないのが残念だけど、最初に載せた写真に丸い素敵なキャンドルが写ってます。 そして久しぶりに再会したガラスアーティストの早川浩平くんもディジュリドゥで参加。森の中に原始の音が響きわたり、すっかり浸ってしまいました。 時間を忘れて踊って歌って楽器をならして、疲れてヘトヘト… コヅカの森に感謝を捧げ、ジプシーたちはステージをあとにしたのでした。 またいつか会う日まで、それぞれの場で歌って踊って音を鳴らしましょう! *~**~**~**~**~**~**~**~**~**~* Akima氏によるブログもどうぞ: コヅカの森で縄文ドンジャカ~♪

Posted in ベリーダンス Belly Dance

女神のわVol.10 “自分の体とのつながりを深める” のご報告

8月1日、水曜日。 この日は天気予報に反して朝から雨が降ったり止んだり。晴天続きで田畑がカピカピに渇いていたので本当にありがたい恵みの雨でした。今年、私が住む地域の夏祭りは8月11日(土)に開催されます。雨乞いの祭りとして古くから受け継がれてきたお祭りですが、村人たちは祭り囃子の練習をしたり、お神輿が通る道の草刈りをしたり、と準備を始めています。そして昔から祭りの準備を始めると雨が降るというのはよく言われていたことのようです。 満月の前夜でもあったこの日、Sugar Salt Cafeで10回目の女神のわが開催されました。夏休みに入ったせいもあり、今回は5名のこじんまりとした「わ」でした。“自分の体とのつながりを深める”がテーマでしたが、一人一人がいつもより深いシェアすることができて少人数でちょうど良い感じでした。 「体」に関するたくさんの話題になりましたが、まずは「体と病気」について。 東京に住んでいる頃、私は通訳もしていましたが、ドイツのリフレクソロジーの権威、ハンネ・マルクワット女史のワークショップ通訳をする機会がありました。マルクワット女史は「体に現れる症状は氷山の一角でしかありません。そして、症状が現れたときが病の始まりではありません。長い間抱えてきた問題に対し、体がこれ以上は耐えられないという時に症状として現れます。」と仰っていました。 私は健康に生まれたのですが、敏感な体質のために子供の頃からお腹をこわすことがよくありました。23歳で演劇留学をするためイギリスに渡ったのですが、食事や環境の変化、ストレスによって腸内の悪玉菌が異常繁殖するという病気になりました。おそらくマルクワット女史が言っていたように、この病気も長年にわたる私の生き方が渡英をきっかけに症状として現れたのでしょう。やがてこの症状は慢性化して、今に至っても完全に治っていません。苦しかったことは数限りなくありますが、この病気と向き合うことで得た色々な経験や学びもあります。 私たちが本来の自分らしさを生きなかったり、無理をしたりすると、体はサインを発してくれます。体が出してくれるサインに意識を向けていれば病気に至らずには済むかもしれませんが、ついついそのサインを見過ごしたり、気付いていても習慣や生き方を変えないこともあります。そうするといよいよ体は病気になります。 慢性的な病気を完全に治すために大事なのは根本原因を知ることです。「病は気から」とはよくいいますが、病気の原因には食事や運動不足などの物理的な要素ともっと根深い要素、例えば間違った固定観念、精神的なトラウマ、幼児期の体験、そして場合によっては過去生の体験などもあるようです。そういった目に見えない原因も包括したものが本当の意味でのホリスティックなアプローチです。 私たちの体の中には悲しみや怒りといったネガティブな感情のブロック(しこり)がたまるといわれてます。これまでにヨガやベリーダンスの動きをすることで凝り固まった感情のブロックが開放されるケースを見たことがあります。 タオイズム(道教の教え)のワークショップの通訳をした際に体験した「チネイザン」というマッサージでは、内臓にたまったネガティブな感情を開放することができます。このワークショップでインナースマイル(内笑瞑想)というものを知りました。内笑瞑想は内臓にエネルギーレベルで微笑みかけることによって、自ら体を活性化させる瞑想法ですが、女神のわでもこれを皆でやってみました。「内蔵が温かくなった~」という声もありましたが、 特に弱い内蔵がある場合はとても有効な瞑想法です。 次に「体と自分」について。 私たちは自分の体を美しいと思っているでしょうか? 特に女性の場合、自分の体が完全で美しいと思うことによって、本当に完全で美しい体になります。 現代社会に生きる私たちの「体」に対する観念はメディアに影響されています。女優やモデルを基準に理想の身長、体重、脚の長さ、胸の大きさ、顔の形、目の大きさ…とにかく「美しい体とはこういうもの」という価値観ができあがっています。そしてそこから自分が遠ければ遠いいほど、コンプレックスになります。 ベリーダンスを踊りはじめて分かったのは女性の身体はどんな形をしていようが美しいこと。背が高くても低くても、太っていても痩せていても、どの女性の身体も完全であり美しい。そして当然ながら自分の身体も完全で美しい。それに気づいたことで大きな癒しとなり、そして自信にもつながりました。 最後に「女性の身体の神秘性」について。 古代では世界各地で女神、地母神が崇拝されていました。母なる大地と同じように子供を生んで育てることができる女性とその体を神聖視され、日本では縄文時代の土偶などにその信仰が現れています。 神道には女神崇拝の要素が残っていて、 産道は参道、子宮は子を授かる「宮」と書きます。子宮(お宮)から産道(参道)を通って胎児は出てくるので、日本人にとって神社にお参りする行為は胎内回帰して再び産まれ変わることになります。神道は女性の体という神秘を通して、私たちに命の原理を伝えていると捉えることもできます。 他にも色々な話になったのですが、ここでのシェアはここまで…^^ 最後に「子宮の瞑想」をしました。自分の子宮に手をあてて話しかけるというシンプルなものですが、中には大きな浄化や気づきにつながった人もいて、「わ」の中にいる全員にとってとても深い体験となりました。 「子宮の瞑想」で見えたものと、引いた女神カードのメッセージがつながり、ビビッと来たizu。 確信した表情 ↓ 私の元へは偉大な神々がやってきてくれました。 イエス様の伴侶として知られるMARY MAGDALENE(マグダラのマリア)と、日本の国生みの父神である、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。 マグダラのマリアのメッセージは「無条件の愛をもって物事や人々の良いところに焦点をあてましょう。意識が存在している場所があなたの居場所です。自分の意識レベルをあげましょう。」 いざなぎのみことは「あなたの考えていることに形を与えなさい。形は言葉から生み出されるでしょう。言い切ることのパワーを覚えて、感謝の思いとともにその言の葉を成就するのです。」 神々の助言をありがたくいただき、これからも身体を大事にしながら自分の役割を果たしていきたいと思います。 今回ご参加いただいた素敵な女神の皆さま、心からありがとうございます! ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle