Monthly Archives: October 2012

愛の女神、Queen Harish

10月5日、金曜日。 この日、私の人生に大きな影響を与えたダンサー、Queen Harishのショーが東京・青山でありました。 Queen Harishはジプシーの故郷として知られるインド・ラジャスターン出身のダンサー。男性でありながら女装をして踊り、ステージでは性別を越えた女神の媒体となって踊ります。 前回の来日は2008年。幸いにも私は彼のショーでスタッフをしたり、ワークショップの通訳をした関係でステージでの顔、“Queen Harish”もそうですが、Harishの人となりに触れることができました。ちょうどその頃、私は東京の表参道に住んでいましたが田舎への移住を考えていました。ワークショップでHarishは彼の故郷、Jaisalmer (ラジャスターン州にある街、ジャイサルメール)の話をしてくれました。それが強烈に心に残り、田舎への移住に向けて急激に動き始めることになったのですが、それからちょうど1年後に鴨川への引越しが決まりました。 あれから4年。世界中で踊ってきたHarishがどんなステージを見せてくれるのだろう?その日、ベリーダンスのレッスンがあったのですが、どうしてもHarishと会いたくて生徒さんたちに事情を伝えて東京にやってきました。 会場に到着するや否や懐かしいDevadasiの仲間たちに次々と再会。ショーで踊るNashwaちゃんが楽屋に通してくれたのですが、中では衣装を着て化粧をし終わったダンサーたちが撮影大会をしていました。私が入るなり、Harishは「お~、Elli! あなたが来てくれると聞いて本当に嬉しかった!ご主人もお元気?」(クリスと私はノートPCを買いたいというHarishを連れて新宿の電気街に連れて行ったので…) 「元気にしてるよ。Harishのおかげで人生がすっかり変わって、今はもう東京に住んでないの。田舎に引っ越してお米を作っているよ。」そう伝えると、「もうそれ以上聞いたら泣いちゃう…」と目が潤むHarish。4年前にほんの少し時間を過ごした私たちのことを覚えていてくれただけでなく、田舎へ引っ越したことにこんな風に感動しているHarishの反応に私こそ感激しました。なんて愛いっぱいな人なんだろう…。 それからはまた撮影大会が再開。 次から次へとポーズと表情を変え、楽しませてくれるHarish。 Queen Harish & 楽屋に案内してくれたNashwa(右) ↓ オフ・ステージでもサービス精神に溢れているQueen Harish。カメラを向けられと、永遠とポージングを繰り返してくれます。 「はい、次はこれ。はい、こんどはあっちを見て!と周りのダンサーの監督もしつつ…」 一緒に楽屋に行ったMomoちゃんと私はパパラッチのようにシャッターを押し続けていました^^。 この時の写真全部はfacebookのアルバムに載せました:  Queen Harish Show & WS 2012 出演兼スタッフリーダーで大活躍のMavi(左)と ↓ ショーが開始し、インドワールドが展開していきました。 Queen Harishが登場すると会場が歓声に包まれて、いつの間にか老若男女が完全にQueen Harishの虜になってしまう。 途中、ステージから降りて愛想をふりまきながら客席の間の通路を歩き、やがて80歳ぐらいのおばあちゃんの前で立ち止まりました。そのおばあちゃんを席から立たせて腕をとって一緒に踊り始めたかと思うと、腰を上下にふりはじめました。それを見たおばあちゃんは一瞬戸惑ったものの、なんと腰をふり始めたのです。最後にはバラの花を一輪渡しました。そこにQueen Harishの魔法と愛を感じました。 4年前のQueen Harishのステージでは見られなかったのが、Isis

Posted in ベリーダンス Belly Dance, メッセージと思想 Messages and Thoughts