Monthly Archives: November 2012

Bali 2012 その① まずは腹ごしらえ

11月30日、金曜日。 午後の14:00頃バリに到着。出発したのは前日の23:45羽田発の便。 LCC(格安航空券)のエアーアジアを利用してクアラルンプールで乗り換えて来たのでかなりの長旅になりました。 飛行機ではできるだけ寝たとは言え、やっぱり座った状態だと限界がありますね。さすがに疲れました…。直行便に憧れる~。 バリの気温は32度。いきなり真夏に逆戻りです。 ビーチ沿いにはジャングルに囲まれたようなレストラン・バー ↓ 空港からホテルまでの道はすごい渋滞。タクシーの運転手はうんざりした感じ。彼はバリ島の中でも山間部のウブドの出身らしく、「私が住んでいる日本の田舎もウブドみたいに棚田がありますよ」と会話を始める。 バリ島(特にウブド)はジュリア・ロバーツ主演の映画”Eat Pray Love”のせいもあってここ数年の間に随分と観光客が増え、そのせいで良い面と悪い面が顕著に現れていると聞く。タクシーの運ちゃんに「この渋滞はツーリストが増えたせい?」と聞くと、「まあね。」 「じゃあ、そんなに観光客増えても嬉しくないね。」 「そうだね~。」 明日からダンス・リトリートが始まるので一日早くバリに到着したのですが、Seminyakに一泊する理由はこれを食べるため ↓ ZulaのMediterranean Platter(地中海料理の盛り合わせ)。世界中の代表的なdishを完全べジタリアン(ビーガン)で提供しているレストラン、Zula。さらに選べないほどたくさんのジュースもあって、私にとっては天国のような場所。今日はとりあえずニンジン・ラディッシュ・ショウガ入りのデトックス・ジュースとヤング・ココナッツ・ジュース。もちろん明日のお昼もここで食べる予定^^ 今夜泊まるB&BのUmadassaもZulaから徒歩圏内の評判の良い場所をTrip Advisorで調べて選びました(笑) それにしても一人旅の最初の数日、特に夜はとても孤独… カップルや友人同士、グループで来ている人たちがなんだか羨ましい… でも一人旅だと、突如として会話が生まれるもの。 街を歩いていると、時おり「こんばんは~。日本人ですか?」と声をかけられる。 一回は「ニーハオ!」とも言われたので中国人に見えたらしい。 私がどこの国の人だか判別がつかず、“Hello.”というのが一番多かった^^; ちなみに道端でたむろしてるバリ人は大体が「こんばんは~。日本人?」程度の日本語は話す。 次は「Taxi(必要)?」と言ってくるので「こんばんは~」とこたえたら通常はさっさと歩き続ける。 でも「ぼくも日本人です。三茶に住んでました!」と言ってきた人がいた。 思わず足を止めて、声の主を見るとどう見ても日本人には見えない、20代前半の青年。 きけば父親が日本人、母親がバリ人のハーフらしい。 おじいちゃんが三茶に住んでいて、数年間一緒に生活していたらしいけれど、「こっちの方が安いから!」ってバリで生活しているらしい。 「ごめんね。日本語ちょっと変だけど。」と言ってたけど、かなり上手だった。 「アリサン」と名乗るその青年はお店をやっているようで、名刺を渡してくれた。 そして最後のお別れの挨拶に、「それじゃ、おつかれさまでした。」 と言ったのがまたかわいかった。 それにしても一日目からせっせとブログなどを書いていますが、明日からはリトリートが始まるため次回はいつ更新できるだろう? では久々に(?)ベッドで寝ます。

Posted in 旅 Travel

女神のわVol.15 “愛に基づいて生きる” のご報告

11月28日、水曜日。満月の日。 満月が美しいこの夜、安房で15回目の「女神のわ」が開催されました。 テーマは“愛に基づいて生きる”。 まず、“愛”ってなんなんだろう?という話になりました。 日本語では“Love=愛”ということばは日常的に使われないのでピンとこない人も多いと思います。 そしてとても大きな言葉なので人それぞれの定義があると思いますが、私にとっての“愛”とは、そもそも私たちを作っているもの。 本来の私たちの存在が愛の波動でできていると思うのです。 その愛の波動は、喜び、平和、思いやり、慈悲、自由、純粋さなどを包括していて、響き合います。 ところが、私たちが暮らす現代社会は恐れのメッセージに満ちています。 そして恐れを煽ることで、行動をとらせようとします。 「良い大学に入らないと、良い仕事に就けない」 「良い仕事に就けないと家族を養っていけない」 「良い仕事に就いても、いつリストラされるか分からない」 「早く結婚しないと婚期を逃す」 「今、家を買わないと後々困る」 …いつの間にか、日々の思考や行動が全て恐れに基づいていることになってしまうほど、社会や周りの人々は恐れのメッセージによってモチべーションを持たせようとします。 すっかり冬支度の女神たち ↓ 社会や周りの人たちからずーっと言われ続けれていると恐れのメッセージはいつしか自分にとっての「常識」になってしまう場合もあります。 そこで、自分自身の思考や行動の指針になっているのが何なのかを確認する必要があります。 とてもシンプルな方法は、自分自身に「そのことを考えていると楽しい?」「それをやろうと思うとワクワクする?」と確認することです。 思考や行動が恐れに基づいている場合は、「本当や嫌だけどやらないといけない」という感覚があります。なので、楽しみやワクワク感は感じることができません。 もし、日々の生活に楽しみやワクワク感が欠けているな…という人がいれば、ほんの少しの間だけでも良いのでそういう気分にさせてくれることを考えたりやってみることが大事です。そして徐々にその時間を増やすこと。私たちは本来そっちの方が心地良いのですから、自分を恐れのエネルギーから愛のエネルギーへと変容することができます。 愛に基づいて生きている人は、自分はもちろんのこと、周りの人をも幸せにできます。その人のもつエネルギーは誰にとっても心地よく、周りに影響を及ぼさずにはいられないからです。 そんな話し合いをしながら、今回も女神のわVol.12でやったように、全員が「わ」の真ん中に入った人にエネルギーを送る作業をしました。「その人が愛に基づいて生きていきますように…」と意図しながらそれぞれの方法で2~3分ほどエネルギーを送りました。「わ」の中心に入った時の感覚は前回とはまた違って、とても穏やかで癒されるような感じでした。 エネルギー注入のエクササイズがひと通り終わった後、皆さんに感想を聞いたところ、前回とは違ったと言う感想が多かったです。 その場に集まった人のもつエネルギー、エクササイズの意図によって感じることが変わってくるのがよく分かりました。 Kanakoちゃんは「真ん中に座った途端になぜか笑いがこみ上げてきて、おかしくてたまらなかった」と話していたのですが… 彼女が引いた神様カードは「神直毘神(かみなおびのかみ)・大直毘神(おおなおびのかみ)」。 メッセージは「笑っていますか?最近、お腹を抱えて大笑いしたことがありますか?笑えば笑うほどエネルギーが高まり、笑えば笑うほど豊さがあなたに引き寄せられてきます。さあ、ともかく今、お腹の底から笑いましょう。笑っている時、あなたは「今、ここ」にいるのです。 きっとエクササイズの時からこの二柱の神様たちがKanakoちゃんのところにやってきていたのでしょう。 女神のわでは毎回こういった不思議な出来事が起きます。 女性たちが「わ」を作ることによって生まれる力は愛と喜びに満ちていて、目に見えない存在たちもやって来ずにはいられないのでしょう。 一緒に「わ」をつくってくれた8名の女神さまたち、そして助けを求めれば常に私たちをサポートしてくれる目に見えない存在たちに愛と感謝を捧げます。 ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.15 “愛に基づいて生きる” のご案内

Kuan Yin (観音様)  Source: Darla 私たちの思考や言動、行動は大きく分けて二つの心の状態に基づいていると言われています。それは「愛」か「恐れ」です。「愛」には「平和」、「喜び」、「充足感」、「尊重」、「自由」などが含まれます。そして「恐れ」には「不安」、「怒り」、「焦り」、「嫉妬」、「支配欲」などが含まれます。そして「愛」を指針に生きることが本来の私たちのあり方で、最も自分らしさを発揮できる生き方です。ところが「恐れ」に基づいて生きる“癖”がつくといつしかネガティブな循環にはまっていき、それが当たり前になってしまいます。あなたは日々、どんな感情を基に生活していますか?次回の女神のわでは、私たちの思考や言動、行動を司る心の状態を見つめ直し、「愛」に基づいて生きる方法を探求していきたいと思います。 ~女神のわVol.15@Sugar Salt Cafe~ テーマ: “愛に基づいて生きる~Living Your Life Based on Love~” 日時: ◯満月の夜◯ 11月28日(水)19:00~21:30頃 場所: Sugar Salt Cafe (鴨川市金束375-1 Tel:04-7098-0616) 参加費: 1500円(お茶&デザートつき) 参加人数: 15名ぐらいまで(定員に達し次第、締め切らせていただきます。) 予約方法: ご予約、お問い合わせは event☆lotusstudio.jp (→☆を@に変えてください) 「エリ」までお願いします。 お菓子の準備があるため、キャンセルの場合は前日正午までにご連絡ください。 ガイド: Elli (エリ) ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* ※会の性質上、お子様連れ、男性のご参加はご遠慮ください。 ※女性らしい気分にさせてくれる服装でご参加ください。 ※オンタイムで始めたいので遅刻の場合は事前にご一報ください。

Posted in Goddess Circle

愛と感謝のAwa Belly Dance Festival 2012

11月11日、日曜日。 この日、鴨川のSugar Salt Cafeで初のAwa Belly Dance Festivalが開催されました♪ 夕方から本格的に雨が降り始めて急遽来れなくなってしまった方もいましたが、鴨川を中心に遠くは館山や木更津、御宿からも約40名ものお客さまが駆けつけてくださいました。 リハーサル風景 ↓ ダンスシェア・タイムでは11人の生徒さんと私が踊りました。 2年前にベリーダンスを教え始めて以来、ずっと生徒さんたちと同じショーで踊ることを思い描いてきました。 初めはまず私が儀式的な踊りでステージと空間を浄めました ↓ ダンサーたちが登場 ↓ 初ステージとなる生徒さんが多い中、みんな本当によくやってくれました。 リハーサルの時点でみんなの踊りの素晴らしさに感激して、胸がいっぱいになっていたのですが、いざ本番は…? 最初のダンサーは立ち姿からして凛とした美しさがあるHirono ↓ たくさんの人から「カッコよかった!」とのコメントをもらっていました ↓ 次はガラッと雰囲気が変わって、左からMidori, Aoi, Kanakoのトリオ ↓ 6月からレッスンを始めたとは思えない上達ぶりのKanako ↓ 最年少のダンサー、Aoi。既に立派なベリーダンサー♪ ↓ 振り付けを作って他の二人を優しく指導したMidori。元プロのジャズダンサーなだけに「魅せ方」をとってもよく心得ています ↓ ベールダンスが美しいHarumiとMisaのデュオ ↓ ポーズが見事にキマッているHarumi ↓ シャイな笑顔がかわいらしいMisa。振り付けも担当しました ↓ ベリーダンス・ステージの経験者でもあるGingerは見せ所満載のソロを披露してくれました  ↓ Eri,

Posted in ベリーダンス Belly Dance