Bali 2012 その⑤ A Dance Journey

の続き…

ellibaliPhoto by Fede Steffenino

12月7日、金曜日。
リトリートの最後の夜は”A Dance Journey” と題したダンス・イベントが開催されました。
レッスンでお馴染みのスタジオが会場となりました。

祭壇はキャンドルで飾られてとても良い雰囲気に ↓

花やキャンドルで半円を描いたステージ ↓

衣装を着たダンサーたちの撮影大会がはじまる ↓

私のベリーダンスの師匠、Mishaalと♪ ↓

Allesandra (イタリア出身バリ在住)と ↓

Colleenaは1stセットではオリッシーダンスを披露 ↓

続いてShyrien、ことまなみさんのベリーダンス&インド・フュージョン ↓

私はamamaniaの”I Wonder Why”でベールダンス ↓

Photo by Hideaki Matsumoto(ufo369)

Hideaki Matsumoto(ufo369)

すごく心地良い空間で、観客と見つめ合って感謝と愛を送っていたのを覚えています。

LiaとElika(カリフォルニア)のトライバル・フュージョンダンス ↓

1stセットの後、観客席を見渡したら同じベリーダンススタジオで学んだMalinaちゃんを発見してビックリ!
なんと、彼女は家族でバリに移住したのだとか! まさかここで再会できるとは思っていなかったので感激でしたT.T

Colleenaは2ndセットではIndian Fusion Belly Danceを踊りました ↓

他にも大勢のダンサーが踊ったのですが私はみんなの踊りに見とれてすっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。
ここに載せた写真もほとんどが他の方の撮ったものです^^;

こうして夢のような夜、そして一週間のリトリートが終わりました。

Colleenaと一緒に ↓

Colleenaからはたくさんのことを教わりました。
彼女の踊りはインド哲学に基づいているので、叡知に溢れ、一言では伝えきれません。
今はそれを自分の中で消化しているところです。

実は最後の2~3日、体調が万全ではありませんでした。
バリに行く5日ほど前、日本で突然全身に原因不明のジンマシンができてしまい、やむを得ず薬(抗ヒスタミン剤)で抑えてバリに向かったのですが、普段薬はあまり飲まないので副作用が心配でした。バリに到着して2日目に薬を飲むのをやめてみたところ、ジンマシンは出なくなりました。ところがそれから数日後に首や脚の裏、腰などに汗疹(あせも)らしきブツブツができてしまってどんどん広がっていきました。汗疹なだけに、汗をかくとどんどんひどくなるので、できるだけ汗をかかないようにしていました。

とてもありがたかったのが、リトリート参加者のMaggieやMurielが汗疹に塗る自然素材の薬やオイルをくれたこと。おかげでなんとかリトリート中はかゆみや痛みをしのぐことができました。踊っている最中にMaggieやMurielと目があって、彼女たちに自然と感謝の気持ちが沸いてきました。

リトリート参加者では55歳・最年長のMaggie(イギリス出身)と ↓

異国の地での病気はとても辛いけれども、おかげで色々な人の優しさに触れることができました。
一週間という短い期間だったけれども、とても濃くて深い体験となりました。

そしてリトリートが終わった翌日には、天国のようなリゾートビレッジ、Desa Seniを出て、バリ島の山間部にあるUbud(ウブド)へと向かうのでした…

Posted in ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel