女神を体現する

joie_de_vivre
“Joie De Vivre” by Josephine Wall
 

先日のベリーダンスレッスンでの出来事です。
最後のフリーダンスの時間に輪を作ってひとりひとり数分間、順番に真ん中で踊ってもらいました。
選んだ曲がamamaniaの”Aphrodite”という曲で、波の音から始まり、とても官能的で雰囲気のある曲なので、

「自分が人魚、または海の女神になった気分で、地上の女性たちに愛と癒しを送る気持ちで踊ってください」

と伝えました。

まだ3、4回しかレッスンに来たことのないYちゃんが真ん中に出て踊り始めました。
当然ながらまだ動きのレパートリーは少ないし、動きがぎこちない時もあるのだけれど、その表情は慈愛に満ちた女神そのものでした。そしてその目にははっきりとした意図が宿っていました。
彼女が私に近づき、私に向かって腕を回し始めると、そこから発せられるエネルギーに思わず私の体も一緒に動いてしまうほどの「気」を放っていました。彼女の放つエネルギーはまさしく愛と癒しで、その表情や動きに心も体も動かされ、言葉にならない感動を覚えました。Yちゃんはまさに女神を体現していました。

後日、そのことを彼女にメールで伝えると、

「ありがとうございます。あの時はすいっと女神スイッチが入ってしまいました。(この人の願いごとが叶って欲しい!この人が本来持っている力を発揮して幸せになって欲しい!)もう、女神のわ*そのものでした。ベリーダンスの動きの型にあるのかどうかわかりませんが、腕をぐるぐる回してボルテックスだ!エネルギー送るぞ!みたいな。そういう部分が自分にあるということに驚きました。」
*女神のわは私が満月の夜に開催している女性達がテーマに沿って話し合う集い。

そんな返事が返ってきました。
彼女はベリーダンスの真髄に触れたようです。
それは自分の中にある「女神性」に気づいて、体現すること。
それができて始めて踊りが意味をもつほど、大切なことです。

Yちゃんのメッセージは私にとっても大きな励みとなりました。
ありがとう~。

Posted in エッセイ