Blog Archives

Bali 2012 その⑤ A Dance Journey

Bali 2012 その④ Day Tripでしばしの休息の続き… Photo by Fede Steffenino 12月7日、金曜日。 リトリートの最後の夜は”A Dance Journey” と題したダンス・イベントが開催されました。 レッスンでお馴染みのスタジオが会場となりました。 祭壇はキャンドルで飾られてとても良い雰囲気に ↓ 花やキャンドルで半円を描いたステージ ↓ 衣装を着たダンサーたちの撮影大会がはじまる ↓ 私のベリーダンスの師匠、Mishaalと♪ ↓ Allesandra (イタリア出身バリ在住)と ↓ Colleenaは1stセットではオリッシーダンスを披露 ↓ 続いてShyrien、ことまなみさんのベリーダンス&インド・フュージョン ↓ 私はamamaniaの”I Wonder Why”でベールダンス ↓ Photo by Hideaki Matsumoto(ufo369) Hideaki Matsumoto(ufo369) すごく心地良い空間で、観客と見つめ合って感謝と愛を送っていたのを覚えています。 more »

Posted in ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel

Bali 2012 その④ Day Tripでしばしの休息

Bali 2012 その③ Shakti Dance Retreatの一日の続き… 毎日、楽しいし有意義だけれど、肉体的にはキツいトレーニングの日々が続いて4日目。 この日は元々リトリート参加者全員でDay Trip(日帰り旅行)をする予定の日。 でも私は疲れがたまってきていたので朝起きたら「今日は一日ここ(Desa Seni)でボーっとしていたいな…」とふと思ったのでした。 とは言え、せっかくの機会なので皆と出かけることに。 Desa Seniの表玄関で車待ちをするダンサーたち ↓ 賑やかな車の中の様子 ↓ まずはマーケットへ ↓ 売り子のお姉さんと ↓ 集合写真 ↓ その後、湖のほとりにある寺院に行きました ↓ ガムランが演奏されていたのでしばしの間聴き入っていました ↓ 巫女ポーズ ↓ ジャカルタ出身のMiftahul(右から2番目)とJapanチーム ↓ ColleenaとJapanチーム♪ ↓ ランチはバリ在住のMurielが経営するカフェのケータリング。 さすがはフランス出身のMurielのレシピ…信じられないくらい美味でした! ↓ お腹が空いた女子たちは大喜び! ↓ Cangguに行く機会があれば是非MurielのCafe Mokaへ! ↓ 寺院のカフェで働くスタッフがあまりにかわいらしいので一緒に more »

Posted in ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel

Bali 2012 その③ Shakti Dance Retreatの一日

Bali 2012 その② 天国のようなリゾート、Desa Seniの続き… リトリートの典型的な一日をご紹介します。 家の前のポーチでヨガ・ストレッチ。まるでゴマアザラシ ↓ 早起きしてリゾート内で提供されているヨガクラスに参加するつもりだったのですが、レッスンだけでかなり体力を消耗してしまってヨガクラスは初日の一回だけ参加(しかも途中でお腹が空いて辞退…^^;)。 壁がなく、木々に囲まれた美しいスタジオでのヨガレッスン ↓ 朝ご飯はDesa Seniの豊富なBreakfastメニューから選び、リゾート内の好きな場所で食べることができます。 ある朝はプールサイドで日本人の4名で(左からShyrien, Elli, JJ Rohita, Praha) ↓ Prahaちゃんが参加することは前もって知っていたものの、他にも日本人が参加することは知りませんでした。Desa Seniに到着して、スタッフの人が”あなたは2名のJapaneseと家をシェアします。”と言われて初めて知ったのでした。二人とも知っている人たちだったのでさらにビックリ! JJ Rohitaは同じベリーダンススタジオ出身で、Shyrienさんとは東京でのイベントやワークショップなどで何度か会ったことがあります。 私の一番のお気に入りの朝食の一つ、Greek Egg Roll。激ウマでしたT.T ↓ 美味しい朝食でお腹を満たしたら、10:30~12:30までの朝クラスに参加するためにスタジオへ。 ダンスのレッスンが行われるスタジオも美しいガーデンに囲まれた開放的な空間 ↓ そして一角には祭壇があり、ヒンズー教の踊りの神、シヴァ神の像やインド古典舞踊オリッシーダンスの寺院ダンサーが踊りを捧げていたジャガンナート神が祀られている ↓ 祭壇の前で ↓ 毎朝、レッスンが始まる前に祭壇の神々にお花やお香を供えるColleena ↓ お供え物が終わると、全員でマントラを唱えます。 そしていよいよレッスン開始。 呼吸法から入って、“Pranam(神々に対する畏敬の挨拶)”を教わる。Colleenaが振り付けたこのPranamは古典舞踊のオリッシーダンス、インド宮廷舞踊のカタックダンス、そしてベリーダンスの動きを流れるように組み合わせた祈りのような美しい踊り ↓ 振り付けを覚えるのが苦手な私も必死になって覚えました。動きの特徴に合わせて物語をつくるように覚えたらようやく覚えられた感じ…。 more »

Posted in ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel

Bali 2012 その② 天国のようなリゾート、Desa Seni

12月1日、土曜日。 この日の朝、SeminyakからCanggu(チャングー)にあるリゾート・ビレッジ、Desa Seniへ向かいました。 Desa Seniは今回のバリ滞在のメインの目的であるShakti Dance Retreat: Indian Infusionの舞台。 到着して一歩踏み入れた瞬間から、感動… 「きっと天国はこんな場所に違いない」、というのが第一印象… お土産屋さんの前でスタッフの方に撮ってもらいました ↓ 正面の入口からプールやレストランエリアに続く石畳 ↓ ブールエリア ↓ 気持ちよさそうに泳いでいる東洋人女性がいるなぁ…(あとでそれが友人のプラハちゃんだったと知った^^)↓ Welcome Drinkをいただくためにまずはレストランに通される ↓ ガーデンの手入れをしているスタッフ。絵になるなぁ… ↓ ボーっと外を見ているといつの間にかWelcome Drinkが目の前に。ベリーの美味しいドリンクでした ↓ お手洗いはどこですか?と尋ねると、ここに案内された ↓ トイレまでかわいい。 そして旅の疲れを癒すためにまずはスパでDesa Seni Massageを受けました。 スパの入口から見た外の風景 ↓ マッサージは至福の時間…。すっかり癒され、こんどは自分の家へと案内されました ↓ ふと横を見ると、美しい風景。360度どこを観ても美しい景観なのでした ↓ 途中、ところどころにかわいらしい畑 ↓ more »

Posted in ベリーダンス Belly Dance, 旅 Travel

Bali 2012 その① まずは腹ごしらえ

11月30日、金曜日。 午後の14:00頃バリに到着。出発したのは前日の23:45羽田発の便。 LCC(格安航空券)のエアーアジアを利用してクアラルンプールで乗り換えて来たのでかなりの長旅になりました。 飛行機ではできるだけ寝たとは言え、やっぱり座った状態だと限界がありますね。さすがに疲れました…。直行便に憧れる~。 バリの気温は32度。いきなり真夏に逆戻りです。 ビーチ沿いにはジャングルに囲まれたようなレストラン・バー ↓ 空港からホテルまでの道はすごい渋滞。タクシーの運転手はうんざりした感じ。彼はバリ島の中でも山間部のウブドの出身らしく、「私が住んでいる日本の田舎もウブドみたいに棚田がありますよ」と会話を始める。 バリ島(特にウブド)はジュリア・ロバーツ主演の映画”Eat Pray Love”のせいもあってここ数年の間に随分と観光客が増え、そのせいで良い面と悪い面が顕著に現れていると聞く。タクシーの運ちゃんに「この渋滞はツーリストが増えたせい?」と聞くと、「まあね。」 「じゃあ、そんなに観光客増えても嬉しくないね。」 「そうだね~。」 明日からダンス・リトリートが始まるので一日早くバリに到着したのですが、Seminyakに一泊する理由はこれを食べるため ↓ ZulaのMediterranean Platter(地中海料理の盛り合わせ)。世界中の代表的なdishを完全べジタリアン(ビーガン)で提供しているレストラン、Zula。さらに選べないほどたくさんのジュースもあって、私にとっては天国のような場所。今日はとりあえずニンジン・ラディッシュ・ショウガ入りのデトックス・ジュースとヤング・ココナッツ・ジュース。もちろん明日のお昼もここで食べる予定^^ 今夜泊まるB&BのUmadassaもZulaから徒歩圏内の評判の良い場所をTrip Advisorで調べて選びました(笑) それにしても一人旅の最初の数日、特に夜はとても孤独… カップルや友人同士、グループで来ている人たちがなんだか羨ましい… でも一人旅だと、突如として会話が生まれるもの。 街を歩いていると、時おり「こんばんは~。日本人ですか?」と声をかけられる。 一回は「ニーハオ!」とも言われたので中国人に見えたらしい。 私がどこの国の人だか判別がつかず、“Hello.”というのが一番多かった^^; ちなみに道端でたむろしてるバリ人は大体が「こんばんは~。日本人?」程度の日本語は話す。 次は「Taxi(必要)?」と言ってくるので「こんばんは~」とこたえたら通常はさっさと歩き続ける。 でも「ぼくも日本人です。三茶に住んでました!」と言ってきた人がいた。 思わず足を止めて、声の主を見るとどう見ても日本人には見えない、20代前半の青年。 きけば父親が日本人、母親がバリ人のハーフらしい。 おじいちゃんが三茶に住んでいて、数年間一緒に生活していたらしいけれど、「こっちの方が安いから!」ってバリで生活しているらしい。 「ごめんね。日本語ちょっと変だけど。」と言ってたけど、かなり上手だった。 「アリサン」と名乗るその青年はお店をやっているようで、名刺を渡してくれた。 そして最後のお別れの挨拶に、「それじゃ、おつかれさまでした。」 と言ったのがまたかわいかった。 それにしても一日目からせっせとブログなどを書いていますが、明日からはリトリートが始まるため次回はいつ更新できるだろう? では久々に(?)ベッドで寝ます。

Posted in 旅 Travel