Blog Archives

2012年、あけましておめでとう!

1月1日、土曜日。 2012.1.1 高倉神社・大山不動尊にて いつもこのブログを読みに来てくださってる皆さまへ 新年あけましておめでとうございます! 2011年は個人レベルでもコミュニティ、社会、国家、世界、そして惑星レベルでも大きな変化の年でした。 私個人としては3.11をきっかけに改めて本来の人間の生き方、自然環境との共生について考えさせられ、そこに向かって大きく前進した年でした。 主には地域の仲間たちとの被災者支援施設「大山支援村」の立ち上げと片付け、食やエネルギー自給に向けての様々なプロジェクトに励みました。 2011年は私にとって新しい生き方に向けての基盤作りの年でした。 そのせいでなかなかブログが更新できなかったのが心残りです。 でもまだ書きたいことはたくさんあり、皆さんにも是非シェアしたいと思っています。 これから少しずつ過去の出来事を遡って綴っていきたいと思いますので、懲りずに覗きに来てください。 (尚、既にお気づきの方はいらっしゃると思いますが、私は過去の出来事に関して記事を書いた際、更新日を変えて「あたかも」それが起きた時点で書いたようにしてしまうことがあります。その理由はこのブログを自分の記録用に書いている部分もあり、あとからブログを読み返すときに実際にその出来事が起きた時から日付があまりにも離れているとなかなか見つからないからです。でも皆さんにも是非読んでいただきたいので、とりあえずは書いた順番で更新をしていき、一週間ほど経ったら実際の日付に変更したいと思います。) 2012年、皆さんはどんな年にしたいですか? 私は制限なく理想の生き方をビジョンすると同時に、全てを天に任せていきたいと思います。 鴨川に移住して以来、毎年、年越しには地域の氏神様が奉られている高倉神社、大山不動尊で除夜の鐘をつきます。今年で3回目です。 そしてお参りして、この地に導き、生かして下さっている神々にあらためて感謝します。その後、おみくじを引きます。 今年引いたおみくじに書かれていたことばが自分にピッタリすぎてるのでシェアしたいと思います。 ********************* 第四十二番  吉 このみくじにあう人は 種をまき 苗を植え 月日の恵みと 努力により実るように 新たに事を始めてよく 日夜怠らなければ 神仏の御加護により 幸せが訪れる ********************* 皆さんがより自分らしく、幸せで楽しく、健やかな2012年を過ごせることを心からお祈りします。 2012.1.1 清澄寺の千年杉の前にて

Posted in メッセージと思想 Messages and Thoughts, 日々のつれづれ Diary

大山小、大掃除! 私たちはつながっている…

3月20日、日曜日。 今日は被災者受け入れ施設の立ち上げに向け、舞台となる旧大山小学校の大掃除がありました。 集まった人たちは総勢80名。 地元の方々、大山廃校利用有志の会、安房マネー仲間、消防団、幼稚園のお母さんたち、 ツイッターやフェースブックを見て千葉の他の市や東京、神奈川から来た友人たち… 子供たちも一生懸命やってくれました ↓ たちまちピカピカ! ここは調理場として使えるね! とにかく全部拭きました! 窓もきれいに… 昇降口は出入りで大忙し ↓ 畳屋さんからいただいた150枚以上の畳 ↓ まずは拭き掃除、そして日干し ↓ 校庭は畳でいっぱい! 途中、お昼休みをはさみ、残れる人たちだけ残って午後から再び作業開始。 さらにお掃除しながら、畳や昨日awanovaで寄付してもらった毛布や衣類などを全部校舎に運びこみました。 みんな休む暇を惜しんで、「あとちょっとだから…。」と言いつつ、なかなか終わらない。 校舎も廃校してからちょうど2年。久しぶりにたくさんの人々にきれいにしてもらって嬉そうだった。 最後に集合写真!! 今日も大きな奇跡が起きました。 この地域の人たち、そして遠くから駆けつけて来てくれた人たちがひとつとなって動きました。 みんな、何かがしたい。どうにかして苦しんでいる人たちの力になりたい。 その想いがこの廃校に新しい命を吹き込みました。 被災した人たちが快く生活できる場が生まれつつあります。 それが今の私たちの癒しでもあり、生きていることの証。 私たちはつながっているから。みんな家族だから。 ありがとう! 大掃除後の事務局ミーティングではアイディアをブレーンストーミング ↓ 避難所の名前も今の時点では「鴨川市大山支援村」と決まりました。 サイトも完成 → http://hinansho.awanowa.jp/ 最後に集合写真。みんな良い顔をしてます ↓

Posted in あわコミュニティ Awa Community, メッセージと思想 Messages and Thoughts, 日々のつれづれ Diary

awanova 緊急物資募集&旧大山小での被災者受入れ

3月19日、土曜日。 この日、awanovaが臨時openとなり40名を超える仲間たちが集まりました。 呼びかけ人の林菜穂子さん、佐久間康栄さん、米山美穂さんからのメッセージを抜粋: 「アワ」とは、古代カタカムナ語で、女性性、総合的、感受性、植物性、 内観性、親和性という意味を持つ響きだそうです。 まさに、これからの時代のテーマを持っている土地ですね。 その土地に、みなさんとご縁があり、こうしてつながっているのも偶然 ではなく、とても意味があると思いますが、さらにこの前代未聞の非常 事態に共にいれることは、うれしく、しあわせなことです。 皆さんともお会いたいですし、今の気持ちをお互いにシェアしたり、 今後のことを希望とともに話し合えたら、どんなに気持ちが安らぐ事で しょう。 安房マネー会員で被災地でプレスの仕事をされているNさんが一旦鴨川に戻られるということで、 現地での状況を話してもらったり緊急物資の募集もありました。 瞬く間にこんなにたくさんの毛布や子供服が集まりました ↓ Nさんはこれらの物資を積んでまたすぐ現地へ向かいました。 ただ、全てを取材車に乗せることはできないため、大山小学校避難所などで使わせていただくことになりました。 共通の目的に向かって、私たちは動いています。大きな力に見守られながら。 ありがとうコミュニティーの仲間たち、ありがとうawanova、ありがとう安房!

Posted in あわコミュニティ Awa Community, 日々のつれづれ Diary

避難所計画@大山小 

3月18日、金曜日。 地域の廃校での被災者受け入れ準備に向け、今日も進展がありました。 17:00に有志が市役所に集合し、鴨川市教育長に旧大山小学校を被災者受け入れのために利用したいと申し出をしました。また、私たちの目的、どのような運営を考えているか、市にどんな協力を求めているかを伝えました。私たちの申し出に対し、市は協力的に応じてくれました。 19:00からは大山廃校利用有志の会のメンバーが集まり、ブレーンストーミング・ミーティングをしました。自分たちの地域だって地面は揺れるし、この地震で生活(特に経済的な意味で)に何らかの影響を受けていない者は一人もいない。本当に、自分たちで被災者を受け入れて生活をさせるられるのだろうか?不安もあるし、懸念もある。 大山廃校利用有志の会の役員を中心としたミーティングの様子 ↓ でも、この避難所計画は大山廃校利用有志の会だけでなく、この地域に住まう有志全員が運営に関わる。さらにfacebook、twitter、mixi、ブログを通してこの動きを発信したところ、既に何人ものボランティアが参加の意志を示した。全員が自分の生活を持続させながら、自分のできる範囲で協力をする…ということで一致団結。 「この写真は世界に発信しますよ!」と言ったらみんな良い笑顔! 明日はawanovaにて移住者を中心にさらに話し合い、明後日は9:00から大山小を掃除したり、校舎をどのように使うのかをシミュレーションします。そして畳屋さんに寄付してもらった畳を運び込みます。被災者の方々の状況を見ると一刻の猶予もない。少しでも早く、避難所のインフラを整え、組織を作っていかねば!! という訳で、鴨川にアクセスでき、ご協力いただける方は是非お願いします! 日時:3月20日、日曜日。9:00〜 場所:旧大山小学校体育館前 持ち物: 掃除用具(掃除機、雑巾、バケツ、ほうき、洗剤などなど。窓掃除もします。)マスクもご持参下さい。

Posted in あわコミュニティ Awa Community, 日々のつれづれ Diary

Back in Awa ただいま安房!…そしてawanova竹デッキ作り

7週間のタイ滞在を終え、懐かしの安房に無事戻って来ました。そして待ちに待ったクリスとの再会!! 今日は久しぶりのデート♪ 前原海岸にて ↓ 出会ってから最長で1ヶ月離れたことがあるけど、(私が通訳の仕事でアメリカに行ったため)、さすがに7週間は長かったみたいで、クリスには相当寂しい思いをさせてしまいました。ごめんね、クリス!行かせてくれてありがとう! タイでの学びは後半になるにしたがってあまりにも濃くて、ブログが間に合っていません。時間ができたら追々レポートしたいと思います。 とにかく安房に、クリスの元に無事に戻って来れて本当に幸せな日々です。 安房マネーや地域自給組合あわのわのメーリングリストを通して、安房のコミュニティーで起きていることの様子は大体分かっていたけれども、私の7週間の不在の間にも新たな移住者がやって来たり、新しい動きが生まれていました。ようやく参加することができて嬉しいです。 昨日は月一でオープンするコミュニティーのカフェ&マーケット、awanovaの竹デッキ作りの準備に参加したクリス。ちなみにこの竹の大部分は我が家の竹林から切った物だそうです。詳細はこちら。 デッキを作る前に竹を火であぶって「油抜き」をするそうです。「油抜き」をする理由はこちらのサイトのよると: (1)乾燥を容易にする (2)いつまでも保存にたえて工作にも支障がなくなる (3)害虫やカビを防ぐ処置にもなる 油抜きをするクリス ↓ 火であぶった場所は明らかに色が濃くなって油がにじみ出てきてるのが分かる ↓ 懐かしの安房仲間たち ↓ 竹デッキ作りのリーダーはケーイチ。頼もしい存在 ↓ 常夏の島から戻って来たので寒い!! でも春はもうすぐそこまで来ています。 As much as I had a great time in Koh Phangan, I’m so happy to be reunited with my soulmate/husband Chris more »

Posted in DIY プロジェクト, あわコミュニティ Awa Community, 日々のつれづれ Diary