Blog Archives

DIYでミニ太陽光発電システム

6月5日、日曜日。 東京に住んでいた頃から、電力やガス、水道などの公共のエネルギーやシステムに依存しないオフグリッドな生活をしたいと思っていました。理由は、水道光熱費がやたらに高いから。そして、システムそのものに問題を感じていたから。 鴨川に移住後、その一部は叶いました。今の家も、以前住んでいた家も山の湧水を利用して生活しています。年に数回水源の掃除をし、当番制でひと月間はトラブルがあった時に対応。そして年間3000円の水道組合費を支払う。それ以外は水をどんなに使っても一切費用がかかりません。そう、水はただ同然です。 電力に関してはまだ特に対策を打っていなかったけど、3.11による福島の原発事故を受けて行動開始。節電対策、そして計画停電対策としてはもちろんですが、3.11以降は原発がいかに脆く、不条理なのかと分かり、原発に依存した生活はしたくないというのが一番の動機。 クリスは4月頃から自作の太陽光発電システムについて調べ、必要部品を集め、実際に使い始めました。人間、その気になれば何でもできる! まずはソーラーパネル。超簡易だけど、とりあえずは箱の上に乗せて庭の日当たりの良い場所に設置。 仕組みはクリスにお任せなのでよく分からないけど、ソーラーパネルで蓄電された電力はこの箱の中にある機械に送られて変換される。 この機械にどのぐらいの電力が蓄電されたかが表示される。 これはなんという機械だったっけ…? これがバッテリー。リサイクルしたものらしいので一応エコ。 電力は延長ケーブにつなぎ、家の中へ。 本日、全てのパーツが届き、我が家の自作・太陽光発電システムは作動し始めました。 しかし、文系なので私は説明されても用語や仕組みが頭に入りません^^; 理系の頭脳をもちあわせるクリスによると思った以上に簡単だったらしい。この自作システムによって今のところパソコンや携帯の充電に使う電力は間に合っています。そして全ての部品にかかった費用はおよそ10万円。ソーラーパネルとバッテリーを追加すれば、やがて家で使う全ての電力を供給できるようになります。 完全オフグリッド生活に一歩近づきました!

Posted in DIY プロジェクト

Back in Awa ただいま安房!…そしてawanova竹デッキ作り

7週間のタイ滞在を終え、懐かしの安房に無事戻って来ました。そして待ちに待ったクリスとの再会!! 今日は久しぶりのデート♪ 前原海岸にて ↓ 出会ってから最長で1ヶ月離れたことがあるけど、(私が通訳の仕事でアメリカに行ったため)、さすがに7週間は長かったみたいで、クリスには相当寂しい思いをさせてしまいました。ごめんね、クリス!行かせてくれてありがとう! タイでの学びは後半になるにしたがってあまりにも濃くて、ブログが間に合っていません。時間ができたら追々レポートしたいと思います。 とにかく安房に、クリスの元に無事に戻って来れて本当に幸せな日々です。 安房マネーや地域自給組合あわのわのメーリングリストを通して、安房のコミュニティーで起きていることの様子は大体分かっていたけれども、私の7週間の不在の間にも新たな移住者がやって来たり、新しい動きが生まれていました。ようやく参加することができて嬉しいです。 昨日は月一でオープンするコミュニティーのカフェ&マーケット、awanovaの竹デッキ作りの準備に参加したクリス。ちなみにこの竹の大部分は我が家の竹林から切った物だそうです。詳細はこちら。 デッキを作る前に竹を火であぶって「油抜き」をするそうです。「油抜き」をする理由はこちらのサイトのよると: (1)乾燥を容易にする (2)いつまでも保存にたえて工作にも支障がなくなる (3)害虫やカビを防ぐ処置にもなる 油抜きをするクリス ↓ 火であぶった場所は明らかに色が濃くなって油がにじみ出てきてるのが分かる ↓ 懐かしの安房仲間たち ↓ 竹デッキ作りのリーダーはケーイチ。頼もしい存在 ↓ 常夏の島から戻って来たので寒い!! でも春はもうすぐそこまで来ています。 As much as I had a great time in Koh Phangan, I’m so happy to be reunited with my soulmate/husband Chris more »

Posted in DIY プロジェクト, あわコミュニティ Awa Community, 日々のつれづれ Diary