Blog Archives

女神のわVol.33 “魂のつながり”レポート

7月18日、月曜日。 この日、15か月ぶりに女神のわを開催しました。 鴨川、館山、東京、埼玉から10名の女性が集まり、「わ」を作りました。 私が今月末に鴨川を離れることになったこともあり、これまでに安房で開催してきた女神のわに参加した新旧メンバーが集まってくれました。 テーマは「魂のつながり」。 21日にも同じテーマで開催するので、内容を書くのはここでは控えておきますが… とにかく始終とても良い雰囲気が流れていました。 ペアになってのエクササイズでは、笑いと共にたくさんの涙。 強い想いをもっている相手に対し、普段は口に出して言えないことも、ペアを組んだ相手には言える。 その中で感情が高まって、浄化の涙も流れました。 最後の女神カードの時間。 それぞれに今自分が必要とする助言をいただいて、すごく良い笑顔^^ 私が引いたカードはエジプトの女神Bastと国立常立神(くにのとこたちのかみ)。 Bastからのメッセージで響いてきたのは: 「あなたにはまるで猫のような独立心がありますが、ときには甘える部分やじゃれ合う仲間も必要です。 孤独になりすぎず、人との関わりを持ちバランスをとりましょう。」 「あなたの自由と独立心が最も大切なことですから、自由と独立心を優しく育んでいきましょう」 「自分に必要なものが与えられるように助けを借りる」 国立常立神からのメッセージでピンときたのは: 「もうすぐ何か楽しい出来事がやってくるでしょう」 「この大地の上で、あなたは今、どのような舞台にたち、どのような衣装を身に付けているのでしょう。あなたが演じているのはどのような役ですか。そろそろ客席に降りていきましょう。あなたの舞台を心から楽しんでください。私が楽しい体験をプレゼントしましょう。」 「客席に降りたあなたの目の前で、いよいよ幕があがります。これからは今までとは違う、目に見えない魂の次元へ入っていくのです。歓びに満ちたその場所に入るための切符は”無心”。」 「仕事や人間関係において、ヒントをつかむ絶好のチャンスの時でもあります。」 今日、参加してくださった女神さまたちに心からの祝福と感謝を送ります。 また会える日まで、私たちの「魂のつながり」大切にして生きていきましょう☆  

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.33 “魂のつながり”のご案内

Photo by hirono 鴨川生活を締めくくる最後の女神のわを開催します☆ テーマはこれまでにリクエストの多かった、「魂のつながり」です。 私たちの人生の中で最も大きな喜び、苦しみは、他者との関係性において経験するものではないでしょうか? 特に親子、兄弟姉妹、パートナー、夫婦は生活を共にし、密な関係性を持つため、そこから体験する感情、想い、幸福感、傷も自ずと強烈になります。 そのような深く、濃い関係性から私たちは何を学ぶのでしょうか? そしてその関係性を通して、どうしたらより幸せに生きていくことができるのでしょうか? 語り合い、瞑想、ペアワークなどを通して深い縁をもつ魂同士のつながりを探求していきたいと思います。 ~Goddess Circle 女神のわVol.33 & 34@Satoyama Design Factory~ テーマ: 魂のつながり~Soul Connection~ 日時:7/18(月) ・7/21(木) 19:00~21:30頃  ⇒ 7/18(定員まで1名)、7/21(定員まで6名) 場所: 里山デザインファクトリー 千葉県鴨川市金束375-1http://www.satoyamadesignfactory.jp/contact/ 参加費: 2000円 予約方法: http://elli.harrington.jp/la…/…/contact-form/からエリまでご連絡お願いします。 主催・ガイド: Elli (エリ) ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* *長時間の集いなので、各自水やお茶などをご持参ください。 *会の性質上、お子様連れ、男性のご参加はご遠慮ください。 *女性らしい気分にさせてくれる服装でご参加ください。 *オンタイムで始めたいので遅刻の場合は事前にご一報ください。 more »

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.16 “内なるおそうじをする” のご報告

12月28日、金曜日。 2012年最後の満月の夜、Sugar Salt Cafeにて女神のわを開催しました。 年の瀬だからあまり集まらないかな~と思っていたものの、最終的には10名の女性たちによる「わ」となりました。 ちょうど一年前にSugar Salt Cafeで初開催した女神のわVol.3も同じ10名。 日本ではこうしたWoman’s Gathering(女性たちの集い)はまだまだ珍しく、当初は、「都会ならまだしも、この片田舎での女神のわに参加してくれる人はいるのだろうか?」と全く先が読めませんでした。けれども、おかげさまで回を重ねる毎に新たな参加者が増え、Sugar Salt Cafeでほぼ毎月開催する他、富浦や白浜でも開催の機会をいただき、女神のわの「わ」は広がっています。女神のわを通して安房中の素敵な女性たちとの出会い、そして普段なかなかできないディープな交流に心より感謝しています。 生きている内には様々な楽しいこと、喜ばしいこともありますが、当然ながら困難や課題にも直面します。そしてコミュニティーの中には必ず同じか、または似たような経験をした人がいます。 なので、人がこうして集まって話し合うことでお互いにとってためになる情報や解決法を共有するのはごく自然で、必然なんだと感じます。 特に女性の場合は、一人で抱え込むより分かち合って他の女性たちから共感を得ることだけでもずいぶん心が救われます。 かと言って、女神のわは悩み相談所や集団カウンセリングの場ではなく、あくまでもお互いの体験や考え方をシェアすることで癒しや活力を得る場です。核家族化が進んでコミュニティーが消えつつある現代社会で、こういう「場」は今後さらに大事になっていくのではないかと感じています。 さて、今回のテーマは“内なるおそうじをする”でした。 女神のわで繰り返し出てくるキーワードのひとつが「おそうじ」。 私の過去の体験をまずシェアしました。 私はこれまでに何度か内外の大掃除をした結果人生の転換期を迎えています。 とても分かりやすいのが東京から鴨川に移住する前の1年間のお掃除のプロセスです。 そのプロセスは2008年の10月に始まりました。当時は東京の表参道に住んでいたのですが、私はQueen Harishというインド人ダンサーとの出会いによって本来の人間の生き方を目の当たりにして、自分の生活が根本的に違っていると感じました。それから3日ほどは朝目が覚めても起き上がる気力が出ないほど、自分の生き方が空虚に思えました。それ以前からいつか田舎に引っ越したいという願望はあったのですが、もはや都会生活で自分を幸せにすることはできないと確信したのです。かと言って移住先のあてもなく、どこから何を始めれば良いか分からなかったので、とりあえずは家をきれいにし始めました。引っ越すことはもう確実なのだから、ならばできるだけ楽に引越しできるように荷物を減らそうと…。 不要な物を処分し、汚れをとり、家中を気持ち良い空間に変えていきました。住む空間がきれいになると当然気持ちよくなります。次第に生活そのものが楽しくなってきました。 次に始まったのが人間関係のお掃除でした。一緒にいて違和感のある人との関係性を思い切って断っていったのです。そうすると一緒にいて心地良い人とより多くの時間を過ごすことになっていきました。同時に仕事(通訳や翻訳)のおそうじも始まり、いくら報酬がよくても自分にとってより気持ち良くできない仕事は断っていったら、逆に思っても見なかった嬉しいオファーがくるようになりました。その内の一つはベリーダンスの師匠、Mishaal制作・演出によるDVDの出演依頼でした。 掃除のプロセスはその後私の内面に及びました。子供の頃から「自分は大した価値のない人間」という観念が深いところであったのですが、女神のわのきっかけとなったAparecidaのワークショップに参加したことで自分の中の変革が起こりました。そして自分だけでなくこの世界の全ての人、ひとりひとりが素晴らしい存在で、類稀な才能や素質を持って生まれてきていることを心から実感することができたのです。自分が新しく生まれ変わった瞬間でした。 そして最後のおそうじは自分の体の中のデトックスでした。2009年9月にDVDの撮影のためにバリに行き、撮影後に9日間のジュース断食をして身体の中に溜まった不要な物をおそうじしました。最後の日には肌がすべすべし、目がキラキラ輝き、体の細胞のひとつひとつが光り輝いているのが実感できました。そして目が捉える世界の色鮮やかなこと!身体ごと生まれ変わったような気分でした。 バリに滞在中、クリスからメールがあり、そこにはこう書かれていました。 「鴨川に行ってきたけれども、すごく良い場所だったよ。移住先として良いと感じています。エリが日本に帰ってきたら一緒に見に行こう!」 帰国して間もなく、クリスと鴨川を5日間ほど訪れました。不思議なことに毎日のようにピピッとくるような出来事が起こり、帰りのバスの中で二人とも「ここに移住しよう」と決めていました。 家の掃除を始めてから丁度1年が経っていました。 1年間を振り返ってみると、まずは住居空間から始まり、次に人間関係や仕事などのお掃除をして自分の生活環境を整えました。次に自分の内なるお掃除、つまり内面であったり肉体のお掃除に至ったのでした。ひと通りのお掃除のサイクルが終わった時に、移住先が決まって新たなステージを用意されたのでした。 人生に行き詰まった時はぜひお掃除することをお薦めします。そして一番簡単なのは自分の外側にある物理的な世界、つまり住居空間をお掃除することなので、そこから始めると良いかもしれません。 自分の住む住居空間は自分の内にあるものを映し出す「鏡」そのものです。なので散らかっていたり、不要な物が多い場所で生活しているということは、自分の内面も同じような状況だと言えるのです。また、溜め込んでいた不要な物を捨てるとそこには空間が生まれます。新しい物を呼び込む余地が生まれるのです。 住居空間をきれいにするにはまずは捨てたり、必要な人に譲ったり、リサイクルなどをして処分ことが必要です。処分する行為は「手放すこと」ですが、「手放すこと」ができる人は自分の生活の他の側面においても執着せずに手放し、良い流れを生み出すことができます。 例えば家がきれいになると、そこにそぐわないエネルギーは受けつけられなくなります。なので人間関係にも影響します。そして人間関係が変わると仕事や趣味、生活全般も変化してきます。関わりたくない人と過ごすことを避け始めます。そして関わりたい人と過ごす時間が多くなります。外の世界が整ってくると、内なる浄化に向かっていくのです。体の中も家と同じで、不要な食べ物を入れたくなくなくなります。そしてコリとか痛みなど、肉体面の問題がなくなればなくなるほど精神状態も変わっていきます。心と身体はつながっているとよく言われますが、病気なども「病んだ気」と書くぐらいですから、心と体、両方に問題がある場合が多いのです。 私の実体験を土台に皆さんにもそれぞれの体験や感じていることをシェアしてもらいました。 実際に掃除をすることで人生を変えていった方もいれば、掃除は苦手なのでこれを機に克服したいという発言もありました。 ひと通り話し合った後に、自分のどの側面をおそうじするべきかをテーマに瞑想をしました。 クリスタルボウルをひとりひとりの頭の周りで鳴らしていったのですが、それまで頭痛があったのに、クリスタルボウルの音で消えたという方がいました。そして「瞑想中にインナーチャイルドとはじめてつながった」という方もいました。 more »

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.16 “内なるおそうじをする” のご案内

Goddess Habonde  Source: Journeying to the Goddess 冬至を目前にし、いよいよ本格的な冬の到来です。冬は一年の出来事や成果を振り返りつつ、春からの新たなサイクルに向けてエネルギーを蓄えたり、ビジョンを温めたりするのに良い時期だと言われています。そして新しいものを呼び込むための大事な作業は“おそうじ”。「年末大そうじ」で住居空間をきれいにするのももちろん大切ですが、自分の中のおそうじ、例えば習慣や価値観、思い癖、仕事や人間関係など、さまざまな不要なものを手放すことも大切です。何かを手放せば、そこに新しいものが入る余地が生まれます。そして清浄な場所には清浄なものが引き寄せられます。2012年最後の女神のわでは、より自分らしく幸せに生きるための秘訣、“内なるおそうじ”をすることの大切さや方法などをシェアしあいたいと思います。そして新年への祈りをこめてキャンドルの炎とつながる“動く瞑想”をします。皆さまと「わ」を作るのを楽しみにしています♪ ~女神のわVol.16@Sugar Salt Cafe~ テーマ: “内なるおそうじをする~Cleaning Yourself~” 日時: ◯満月の夜◯ 12月28日(金)19:00~21:30頃 場所: Sugar Salt Cafe (鴨川市金束375-1 Tel:04-7098-0616) 参加費: 1500円(お茶&デザートつき) 参加人数: 15名ぐらいまで(定員に達し次第、締め切らせていただきます。) 予約方法: ご予約、お問い合わせは event☆lotusstudio.jp (→☆を@に変えてください) 「エリ」までお願いします。 お菓子の準備があるため、キャンセルの場合は前日正午までにご連絡ください。 ガイド: Elli (エリ) ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* ※会の性質上、お子様連れ、男性のご参加はご遠慮ください。 ※女性らしい気分にさせてくれる服装でご参加ください。 ※オンタイムで始めたいので遅刻の場合は事前にご一報ください。 ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 more »

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.15 “愛に基づいて生きる” のご報告

11月28日、水曜日。満月の日。 満月が美しいこの夜、安房で15回目の「女神のわ」が開催されました。 テーマは“愛に基づいて生きる”。 まず、“愛”ってなんなんだろう?という話になりました。 日本語では“Love=愛”ということばは日常的に使われないのでピンとこない人も多いと思います。 そしてとても大きな言葉なので人それぞれの定義があると思いますが、私にとっての“愛”とは、そもそも私たちを作っているもの。 本来の私たちの存在が愛の波動でできていると思うのです。 その愛の波動は、喜び、平和、思いやり、慈悲、自由、純粋さなどを包括していて、響き合います。 ところが、私たちが暮らす現代社会は恐れのメッセージに満ちています。 そして恐れを煽ることで、行動をとらせようとします。 「良い大学に入らないと、良い仕事に就けない」 「良い仕事に就けないと家族を養っていけない」 「良い仕事に就いても、いつリストラされるか分からない」 「早く結婚しないと婚期を逃す」 「今、家を買わないと後々困る」 …いつの間にか、日々の思考や行動が全て恐れに基づいていることになってしまうほど、社会や周りの人々は恐れのメッセージによってモチべーションを持たせようとします。 すっかり冬支度の女神たち ↓ 社会や周りの人たちからずーっと言われ続けれていると恐れのメッセージはいつしか自分にとっての「常識」になってしまう場合もあります。 そこで、自分自身の思考や行動の指針になっているのが何なのかを確認する必要があります。 とてもシンプルな方法は、自分自身に「そのことを考えていると楽しい?」「それをやろうと思うとワクワクする?」と確認することです。 思考や行動が恐れに基づいている場合は、「本当や嫌だけどやらないといけない」という感覚があります。なので、楽しみやワクワク感は感じることができません。 もし、日々の生活に楽しみやワクワク感が欠けているな…という人がいれば、ほんの少しの間だけでも良いのでそういう気分にさせてくれることを考えたりやってみることが大事です。そして徐々にその時間を増やすこと。私たちは本来そっちの方が心地良いのですから、自分を恐れのエネルギーから愛のエネルギーへと変容することができます。 愛に基づいて生きている人は、自分はもちろんのこと、周りの人をも幸せにできます。その人のもつエネルギーは誰にとっても心地よく、周りに影響を及ぼさずにはいられないからです。 そんな話し合いをしながら、今回も女神のわVol.12でやったように、全員が「わ」の真ん中に入った人にエネルギーを送る作業をしました。「その人が愛に基づいて生きていきますように…」と意図しながらそれぞれの方法で2~3分ほどエネルギーを送りました。「わ」の中心に入った時の感覚は前回とはまた違って、とても穏やかで癒されるような感じでした。 エネルギー注入のエクササイズがひと通り終わった後、皆さんに感想を聞いたところ、前回とは違ったと言う感想が多かったです。 その場に集まった人のもつエネルギー、エクササイズの意図によって感じることが変わってくるのがよく分かりました。 Kanakoちゃんは「真ん中に座った途端になぜか笑いがこみ上げてきて、おかしくてたまらなかった」と話していたのですが… 彼女が引いた神様カードは「神直毘神(かみなおびのかみ)・大直毘神(おおなおびのかみ)」。 メッセージは「笑っていますか?最近、お腹を抱えて大笑いしたことがありますか?笑えば笑うほどエネルギーが高まり、笑えば笑うほど豊さがあなたに引き寄せられてきます。さあ、ともかく今、お腹の底から笑いましょう。笑っている時、あなたは「今、ここ」にいるのです。 きっとエクササイズの時からこの二柱の神様たちがKanakoちゃんのところにやってきていたのでしょう。 女神のわでは毎回こういった不思議な出来事が起きます。 女性たちが「わ」を作ることによって生まれる力は愛と喜びに満ちていて、目に見えない存在たちもやって来ずにはいられないのでしょう。 一緒に「わ」をつくってくれた8名の女神さまたち、そして助けを求めれば常に私たちをサポートしてくれる目に見えない存在たちに愛と感謝を捧げます。 ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle