Blog Archives

女神のわVol.12 “ハイヤーセルフとつながる” のご案内

出典: Higher Self, Soul, and Divine Self / Atlantis Queen 日中の気温はまだまだ高いですが、上を見上げれば美しい秋空が広がっています。 前回の女神のわVol.11では“インナーチャイルドとつながる”をテーマに自分の内なる子供の部分との対話を試みました。インナーチャイルドをあまり意識したことがなかった人も、自分の中に存在している“過去の自分”とつながる体験となりました。 次回は私たちの内にあるもう一つの要素、“ハイヤーセルフ”に焦点をあてます。ハイヤーセルフとは“内なる神性”、“大いなる自己”、などとも呼ばれ、“完全に成長を遂げた未来の自分”ともいわれています。どこからか突然沸いてくるアイディアやインスピレーション、ふとした瞬間に聞こえてくる声や見えるイメージも、実はこのハイヤーセルフからのメッセージだといわれています。ハイヤーセルフは時間や空間を越えた“永遠なる自己”であり、宇宙の叡知とつながっています。ハイヤーセルフとつながると宇宙の流れに沿って生きることができるので、進むべき方向に自然と導かれ、必要な助けを与えられ、生きることがとても楽になります。そして本来の自分の生きるべき人生を全うすることができます。 女神のわVol.12ではハイヤーセルフとつながるにはどうすれば良いか、そしてつながると何が起きるのかを実体験などを通して話し合っていきたいと思います。 ~女神のわVol.12@Sugar Salt Cafe~ テーマ: “ ハイヤーセルフとつながる ~Connecting to Your Higher Self~” 日時: 9月28日(金)19:00~21:30頃 場所: Sugar Salt Cafe (鴨川市金束375-1 Tel:04-7098-0616) 参加費: 1500円(お茶&デザートつき) 参加人数: 15名ぐらいまで(定員に達し次第、締め切らせていただきます。) 予約方法: ご予約、お問い合わせは event☆lotusstudio.jp (→☆を@に変えてください)

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.11 “インナーチャイルドとつながる” のご報告

8月31日、金曜日。 満月のこの日、私の住む大山では何週間も降らなかった恵みの雨が降りました。 そして女神のわの準備をするため家を出発すると、それはそれは大きな満月が山の影からあがってくるところでした。思わず息をのむほどの美しさでした。 満月で始まり、満月で終わった8月。2回目の女神のわは、これまでで最多の15名の女性のわとなり、20代から50代の素敵な女性たちが鴨川をはじめ館山、富浦、木更津、白浜…南房総中から集ってくださいました。 おかげさまで回を重ねるごとにリピーターが増え、また毎回新しい参加者も加わるため、今回は思い切って定員を15名までに増やしました。 photo by hirono “インナーチャイルドとつながる”というテーマの元、子供の時の自分とつながる瞑想やホ・オポノポノをする瞑想をして、感じたこと、見たことをシェアし合いました。 子供の時の自分とつながる瞑想ではとても幸せな子供時代だったことを思い出せた方もいれば、会うことができなかった方もいました。そういえばこんな子供だったな~と皆さんそれぞれに発見があったようです。 photo by hirono 癒すべき傷があるかどうかは人それぞれです。でも、子供時代に受けた心の傷やトラウマはいつしか私達の潜在意識の一部となったり、身体の中のエネルギーのブロック(しこり)となると言われています。大人になってもちょっとした拍子にそれが自己主張して来るときがありますが、それは未だに傷ついた幼い自分が苦しんでいるからです。傷ついた時の自分とつながってその痛みを認識してあげることで過去に受けた傷を癒すことができます。 とは言え、なかなか過去の自分とつながることは難しいかもしれません。目をつぶって心地よい音楽を聞き、子供の頃の自分に会いに行く瞑想をするのもとても良い方法です。そして、子供時代の自分の写真を頻繁に見る場所に置くのもとても有効です。 photo by hirono ホ・オポノポノをする瞑想では、「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」のうち、ピンとくる言葉を自分に語りかけるようにしました。ホ・オポノポノはハワイに伝わるとてもパワフルな癒しの方法ですが、「どの記憶が問題を引き起こしているのか」を自分に問いかけた後、上に挙げた四つの言葉を繰り返すことで記憶を消し、問題を解決します。 私自身、ホ・オポノポノが鴨川への移住の大きなきっかけとなった経験もあり、問題に直面したら実践するようにしています。 現実に起きている全てのことは自分の責任であり、そして自分を変えることで今生きている現実を変えることができるというホ・オポノポノの発想に私はとても共感します。 今回参加してくださった方々の中にもホ・オポノポノ実践者は数名いて、興味深い体験のシェアもありました。 過去(インナーチャイルド)の傷を癒す=消すことで今を変えることができる。きっと皆さんそれぞれに納得がいったと思います。 最後はいつものように女神カードで締めくくりました。 ドキッとするほど毎回今の自分にピッタリくる助言をいただくことができます。 今回私にメッセージを届けてくださったのは「天手力男神(あまのたじからおのかみ)」と「Oonagh(オーナ)」。アドバイスの中でも今の自分にピンとくることばを書き出します。 天手力男神のメッセージ:「このカードをひいたあなたは、創造力がとても豊かになっています。創作活動や企画立案などに力を入れてみましょう。…自分のインスピレーションを信じましょう。…必要とすればおのずと力は発揮されます。自分で“これだけしかできない”などと枠をはめてはいませんか?…あなたが内に秘めている力を、自由自在に発揮する時がきています。」 Oonaghのメッセージ:「事を成し遂げるために、急いだり無理をする必要はありません。すべてが完璧なタイミングで起こります。…周りの人にどう思われるかを気にしすぎないでください。自分が優先したいことを行うほうが、はるかに恩恵を受けるのです。あなたが心からやってみたいと思うプロジェクトや人との関係に時間を費やせば、気持ちがすっきりとするはずです。自分にとって大切なことを一生懸命やってみましょう。 確かに最近は創造力が豊かになっています。 これまでは無理だと諦めていたことも、自分の枠を取り除くことで全てが実現できると思えるようになりました。本当は何でも自分の思い通りにいく、そして自分を制限しているのは自分自身であることを改めて実感しています。私は昔から自分が変わり者であるという意識があるため、人目を気にして自分らしさを発揮できない部分もありました。最近はちょっと変わっている自分を楽しめるようになってきています。過去に起きたことも、今起きていることも全て自ら選らんだことです。周りの人々や起きていることのせいにしたり、被害者や犠牲者になるのではなく、常に自分の生き方を自分で創造することができるようになっていきたいものです。 今回の女神のわは15名もの女性が集まったことにより、普段より一層チャージされた空間になりました。 ご参加くださった女神の皆さま、ありがとうございます! 愛しています! 皆さまが益々幸せになるように、心からホ・オポノポノしています。 ~*~*~*~*~*~*~*~*~* お薦めのホ・オポノポノ関連の本: ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方 だれもが幸せになるハワイの言葉「ホ・オポノポノ」   ******************************************************** 女神のわについてはこちら。

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.11 “インナーチャイルドとつながる” のご案内

“Ruby / Inner Child” by Juliette West 立秋が過ぎ、朝晩は涼しくなってきたものの日中はまだまだ暑いですね。夏休みという季節柄、お子さんがいる方もいない方も、子供と接する時間が多いことでしょう。子供たちとの触れ合いを通して大人も多くの学びを得ますが、自分の内なる子供、“インナーチャイルド”のことはかまってあげていますか?“インナーチャイルド”は誰の中にも存在している「子供の頃の記憶や感情」です。大人になって経験することが、実はインナーチャイルドに原因があることもよくあります。そして、インナーチャイルドを癒すことで今の自分を変えていくこともできます。8月の最後の夜、満月のエネルギーを浴びながらインナーチャイルドとつながってみませんか?そしてインナーチャイルドと共に、より楽しく、幸せに生きる方法を探っていきましょう。 ~女神のわVol.11@Sugar Salt Cafe~ テーマ: “ インナーチャイルドとつながる ~Connecting to Your Inner Child~” 日時: ◯満月の夜◯ 8月31日(金)19:00~21:30頃 場所: Sugar Salt Cafe (鴨川市金束375-1 Tel:04-7098-0616) 参加費: 1500円(お茶&デザートつき) 参加人数: 10名ぐらいまで → 15名ぐらいまで 予約方法: ご予約、お問い合わせは event☆lotusstudio.jp (→☆を@に変えてください) 「エリ」までお願いします。 お菓子の準備があるため、キャンセルの場合は前日正午までにご連絡ください。 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* ※会の性質上、お子様連れ、男性のご参加はご遠慮ください。 ※女性らしい気分にさせてくれる服装でご参加ください。

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.10 “自分の体とのつながりを深める” のご報告

8月1日、水曜日。 この日は天気予報に反して朝から雨が降ったり止んだり。晴天続きで田畑がカピカピに渇いていたので本当にありがたい恵みの雨でした。今年、私が住む地域の夏祭りは8月11日(土)に開催されます。雨乞いの祭りとして古くから受け継がれてきたお祭りですが、村人たちは祭り囃子の練習をしたり、お神輿が通る道の草刈りをしたり、と準備を始めています。そして昔から祭りの準備を始めると雨が降るというのはよく言われていたことのようです。 満月の前夜でもあったこの日、Sugar Salt Cafeで10回目の女神のわが開催されました。夏休みに入ったせいもあり、今回は5名のこじんまりとした「わ」でした。“自分の体とのつながりを深める”がテーマでしたが、一人一人がいつもより深いシェアすることができて少人数でちょうど良い感じでした。 「体」に関するたくさんの話題になりましたが、まずは「体と病気」について。 東京に住んでいる頃、私は通訳もしていましたが、ドイツのリフレクソロジーの権威、ハンネ・マルクワット女史のワークショップ通訳をする機会がありました。マルクワット女史は「体に現れる症状は氷山の一角でしかありません。そして、症状が現れたときが病の始まりではありません。長い間抱えてきた問題に対し、体がこれ以上は耐えられないという時に症状として現れます。」と仰っていました。 私は健康に生まれたのですが、敏感な体質のために子供の頃からお腹をこわすことがよくありました。23歳で演劇留学をするためイギリスに渡ったのですが、食事や環境の変化、ストレスによって腸内の悪玉菌が異常繁殖するという病気になりました。おそらくマルクワット女史が言っていたように、この病気も長年にわたる私の生き方が渡英をきっかけに症状として現れたのでしょう。やがてこの症状は慢性化して、今に至っても完全に治っていません。苦しかったことは数限りなくありますが、この病気と向き合うことで得た色々な経験や学びもあります。 私たちが本来の自分らしさを生きなかったり、無理をしたりすると、体はサインを発してくれます。体が出してくれるサインに意識を向けていれば病気に至らずには済むかもしれませんが、ついついそのサインを見過ごしたり、気付いていても習慣や生き方を変えないこともあります。そうするといよいよ体は病気になります。 慢性的な病気を完全に治すために大事なのは根本原因を知ることです。「病は気から」とはよくいいますが、病気の原因には食事や運動不足などの物理的な要素ともっと根深い要素、例えば間違った固定観念、精神的なトラウマ、幼児期の体験、そして場合によっては過去生の体験などもあるようです。そういった目に見えない原因も包括したものが本当の意味でのホリスティックなアプローチです。 私たちの体の中には悲しみや怒りといったネガティブな感情のブロック(しこり)がたまるといわれてます。これまでにヨガやベリーダンスの動きをすることで凝り固まった感情のブロックが開放されるケースを見たことがあります。 タオイズム(道教の教え)のワークショップの通訳をした際に体験した「チネイザン」というマッサージでは、内臓にたまったネガティブな感情を開放することができます。このワークショップでインナースマイル(内笑瞑想)というものを知りました。内笑瞑想は内臓にエネルギーレベルで微笑みかけることによって、自ら体を活性化させる瞑想法ですが、女神のわでもこれを皆でやってみました。「内蔵が温かくなった~」という声もありましたが、 特に弱い内蔵がある場合はとても有効な瞑想法です。 次に「体と自分」について。 私たちは自分の体を美しいと思っているでしょうか? 特に女性の場合、自分の体が完全で美しいと思うことによって、本当に完全で美しい体になります。 現代社会に生きる私たちの「体」に対する観念はメディアに影響されています。女優やモデルを基準に理想の身長、体重、脚の長さ、胸の大きさ、顔の形、目の大きさ…とにかく「美しい体とはこういうもの」という価値観ができあがっています。そしてそこから自分が遠ければ遠いいほど、コンプレックスになります。 ベリーダンスを踊りはじめて分かったのは女性の身体はどんな形をしていようが美しいこと。背が高くても低くても、太っていても痩せていても、どの女性の身体も完全であり美しい。そして当然ながら自分の身体も完全で美しい。それに気づいたことで大きな癒しとなり、そして自信にもつながりました。 最後に「女性の身体の神秘性」について。 古代では世界各地で女神、地母神が崇拝されていました。母なる大地と同じように子供を生んで育てることができる女性とその体を神聖視され、日本では縄文時代の土偶などにその信仰が現れています。 神道には女神崇拝の要素が残っていて、 産道は参道、子宮は子を授かる「宮」と書きます。子宮(お宮)から産道(参道)を通って胎児は出てくるので、日本人にとって神社にお参りする行為は胎内回帰して再び産まれ変わることになります。神道は女性の体という神秘を通して、私たちに命の原理を伝えていると捉えることもできます。 他にも色々な話になったのですが、ここでのシェアはここまで…^^ 最後に「子宮の瞑想」をしました。自分の子宮に手をあてて話しかけるというシンプルなものですが、中には大きな浄化や気づきにつながった人もいて、「わ」の中にいる全員にとってとても深い体験となりました。 「子宮の瞑想」で見えたものと、引いた女神カードのメッセージがつながり、ビビッと来たizu。 確信した表情 ↓ 私の元へは偉大な神々がやってきてくれました。 イエス様の伴侶として知られるMARY MAGDALENE(マグダラのマリア)と、日本の国生みの父神である、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。 マグダラのマリアのメッセージは「無条件の愛をもって物事や人々の良いところに焦点をあてましょう。意識が存在している場所があなたの居場所です。自分の意識レベルをあげましょう。」 いざなぎのみことは「あなたの考えていることに形を与えなさい。形は言葉から生み出されるでしょう。言い切ることのパワーを覚えて、感謝の思いとともにその言の葉を成就するのです。」 神々の助言をありがたくいただき、これからも身体を大事にしながら自分の役割を果たしていきたいと思います。 今回ご参加いただいた素敵な女神の皆さま、心からありがとうございます! ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle

女神のわVol.9 @富浦・えーころ屋のご報告

7月21日、土曜日。 この日、内房の海岸沿いにある町、富浦の「えーころ屋」で女神のわが開催されました。 会場を提供してくれた砂代子さんは明るくて社交的で色々な人をつなげる役目をもっている方。 今回の女神のわも彼女の呼びかけでほとんどの参加者が集まり、8人の女性たちによる「わ」となりました。 ガイドをつとめる私が一番の最年少(!)というのは初めての経験でした。皆さん人生経験が豊富なだけに、とても深い内容の「わ」になりました。テーマは前回の女神のわと同様に“理想のパートナーシップ”でしたが、夫婦や恋人だけでなく、友人同士であったり、親子であったり、様々なパートナーシップについてのシェアがありました。 中には本に書いても良いぐらい壮絶な体験談もありました。でも根底に流れているのは自分をもっと知って愛すること、そして相手を変えようとするのではなく、自らが変わろうとすることの大切さだと実感しました。 女神カードタイムでは通常の女神カード以外にも砂代子さんがプチ・タロットカード・リーディングをしてくれました♪下の写真の一番右の“Beyond Illusions”というカードを引きましたが、「幻想の向こう側にある現実を見なさい」というメッセージでした。 今回私が引いたカード ↓ 左は前回の女神のわでもやってきてくれたGuinevere(ギネヴィァ)=「真実の愛」。私へのメッセージはおそらく「ソウルメイトとすでに出会っている」というものだなと感じました。 真ん中のカードは大国主神(おおくにぬしのかみ)で、いちばんピンときたメッセージが「あなたは日本という国の波動を選んで生まれてきました。その波動は「和と輪」を広げます。大国主神は縁を結び、和と豊穣をもたらしてくれます。恋愛にとどまらず、あなたに必要な、そしてあなたを必要としている魂たちとの縁を引き寄せるためにも力を貸してくれるでしょう。」 私は意外と小心者で、引っ込み思案なので周りの人たちのプッシュがないと動かないタイプなのですが、こうして女神のわやベリーダンスを通してたくさんのご縁と出会いをいただいて助けを受け取ったり、逆に与えたりすることができています。そして今、まさにその「わ」が広がっていっています。そのことをリマインドしてもらえて本当に感謝です。 それにしても今回は色々なシンクロが重なる女神のわでした。 二人の方が安房での初の女神のわの案内を受け取った時から興味をもっていたようです。 初対面だと思っていた二人が、実はかつて同じ職場にいて女神のわで思いがけなく再会しました。 また、やはり同じ職場に勤めている別の女性が私のベリーダンスのレッスンに参加していました。 踊ることが大好きな女性が引いたカードの女神様が「アメノウズメノミコト」で、そのメッセ-ジの最初の一言が「踊りなさい」。 そして半数以上の女性が驚くほど今の自分にピッタリな助言をいただいたようです。 この場では細かくは書けないけれども目に見えない力をとても強く感じる瞬間がたくさんありました。 一品持ちよりの軽食の後は砂代子さんの弾き語りと真子さんのフラダンスによるパフォーマンス・タイム。それにしてもものすごい数のオーブ(たまゆら)!! ↓ サプライズで参加者のひとり、とも子さんの書いた詩に曲をのせて砂代子さんが歌い、真子さんもその詩を口ずさみながら踊ったのですが、詩・曲・踊りが見事に調和していて本当に素晴らしいシェアでした(残念ながらブレていますが…) ↓ とも子さんは自分の詩がこんな風に美しい音楽と踊りで綴られてとても感激した様子。 驚いたり、涙を浮かべたり、心暖まったり、刺激を受けたり、 必要な情報を得たり、感動したり… たくさんのドラマが凝縮された女神のわでした。 そして私たちはいつなんどきでも一人で生きている訳でないないこと。縁ある魂同士で支え合いながら、そして見えない存在たちに守られたり助けてもらいながら生かされていることを改めて実感する女神のわでした。 ご参加下さった女神の皆さま、本当にありがとうございました! 美しい踊りのプレゼントをしてくれた真子さん、どうもありがとう! タロットカード・リーディングや素晴らしい弾き語りを披露し、この女神のわの発起人&ホストをつとめてくださった砂代子さん、本当に感謝です! 皆さまと次にお会いする機会を楽しみにしています♪ ******************************************************** 女神のわについてはこちら。 これまでの「女神のわ」に関するブログはこちら。

Posted in Goddess Circle