Goddess Circle

P1070272

「女神のわ」って何?

「女神のわ」は女性たちが集まり、テーマに沿った話し合いや瞑想、エクササイズや様々な表現を通して思いや考えをシェアする集いです。女性は「共感」を大切にする性質をもっているため、他者と悩みや望みをシェアすることを通して癒しを得たり、エネルギーや勇気を与えあうことができます。そして他の女性を自分の鏡とすることで、より自分自身を知ることができます。自分自身を知るということは自分がもっている特性、能力、賢さ、美しさを認識することで、より幸せに生きていくための鍵です。

Photo by Hirono

どうして女性だけで集まるの?

現代社会においてはたくさんの女性たちが本来の自分を生きていません。歴史を振り返ると世界のどの地域でもここ数千年の間、男性が社会のリーダーを担ってきました。男性のリーダーたちが男性原理に基づいて築きあげたシステム(政治、経済、教育、医療など)の中で、女性たちは知らず知らずの内に女性本来の能力や知恵を見失っていきました。女性たちが本来のあり方を取り戻すことで人として完全となり、パートナーや家族、社会全体に良い影響を与えることができます。

また、女性たちが集まるとそこには女性ならではの共感と共鳴のエネルギーが循環します。そのエネルギーを最大限に活かすためにも、女性のみで集うことが大切とされています。
特に男性原理の傾向が強い欧米では現代になっていからWoman’s Circle (女性の輪)、Full Moon Gathering(満月の集い), Goddess Gathering(女神の集い)などと題した女性たちの集いが各地で開催されるようになりました。日本ではまだこのような女性の集いは珍しいですが、ほんの数十年前の農村では女性たちだけが参加する集落の寄り合いが存在したといわれています。

Quan Yin on tumblr
観音/ Quan Yin by Artist unknown

どうして新月や満月の日に開催するの?

必ずしもそうしなく てはいけない訳ではありませんが、このような女性の集まりは伝統的に新月や満月に開催されることが多いとされています。その理由は古代の人々は太陽や月、 天体の動きが自分たちに及ぼす影響力を意識して生きていて、新月や満月の日は特別なエネルギーがはたらくと言われているからです。また、部族社会では女性たちはみんな同じ頃に月のものがきていました。それは新月か満月の時だったとされています。女性は本来、月のものの時に最も宇宙や大地とつながる感覚が敏感になって直感がはたらくと言われています。そんな女性たちが集まって話し合い、部族にとって重要な決定をしていたのではないかという学者もいます。参考文献: Shakti Woman: Feeling Our Fire, Healing Our World by Vicki Noble

Aparecida – Goddess Body Prayer

aparecidaPhoto by Georgianne Cowan      Foto Arte by Beatriz Sauer

 

「女神のわ」が始まった経緯

私は東京に住んでいた頃、「女神の集い」と題した集まりを2009年2月から一年間ほど開催しました。きっかけは2007年から3年連続で参加したAparecida(アパレシーダ)というベリーダンサー/エサレンヒーラーによる来日ワークショップです。Aparecidaのワークショップでは参加者が輪になって座り、神話や女性性にまつわる話を聞き、踊ったり、瞑想をしました。私を含め、たくさんの女性たちが彼女のワークショップで人生を変えるような気づきと学びを得ました。Aparecidaの最後の来日ワークショップで言った一言:「女性たちが輪を作るだけでもすごくパワフルな空間になります。あなたたちも是非このような女性たちの集いを続けていってください。」その言葉を受けて、私も集いを開催することになりました。

千葉の鴨川市に移住してからは、安房の地で開催する集いは「女神のわ」と呼ぶことにしました。「わ」という音には「輪」、「和」、「環」、「話」、「房」などの意味が含まれているからです。

「女神のわ」では何をするの?

特に決まりはなく、わを作るガイドや女性たちによって進化していくものですが大まかな流れとして参考にしてください。まずは「わ」を作り、簡単な瞑想をして全員の意識を統一します。次に一人一人が簡単な自己紹介をします。そしてメインのテーマに沿っての話し合いに入ります。ガイドがテーマに関する話をし、それを元に各自が自分の体験をシェアしたり、話し合いをします。その後、テーマに沿って踊ったり、ペアを組んでのエクササイズをしたり、と発展していくこともあります。次に「オラクルカード*」を引いて、その時の自分に必要なアドバイスをいただきます。最後はお茶とお菓子で和みながら、思い思いに話をしてゆっくりと「わ」を閉じます。
*オラクルカード(オラクル=神託、啓示、予言という意)とは、今の自分に必要なメッセージを届けてくれるカードで40枚以上のセットの物が多い。女神カード、エンジェルカードなどが主流で日本の神様カードなどもある。

お薦めのオラクルカード:
Goddess Guidance Oracle Cards
日本の神様カード
The Goddess Oracle Deck & Book Set (英語版のみ)
Goddesses: Knowledge Cards (英語版のみ)
Sacred Geometry Cards for the Visionary Path(英語版のみ)

これまでに開催した「女神のわ」についてはこちら