Goddess Dance Circle

 

Goddess Dance Circleでは何をするの?

Goddess Dance Circleは女性ならではの空間で踊りを通して自分を表現し、自分の踊りをシェアする場です。
また、新たな自分を発見するインナーワークの場であると同時に、より深みのある表現をするための内面の部分に焦点をあてたワークショップです。
ワークショップでは踊りを通して何を実現したいかを話し合い、自分の内側に入って踊る瞑想としての踊り、ペアを組んでお互いのエネルギーの交感を楽しむ踊り、何らかの役を演じながらの踊り、などなど…様々な手法を用いて自分の殻をやぶり、ネガティブな感情やエゴを捨て、即興でその場・その瞬間に完全につながった踊りを踊れるよう導いていきます。

Goddess Dance Circleでは毎回一人の女神をテーマとして取り上げ、その女神のもつ要素に焦点を当てます。
前半はその女神にまつわる神話や色々な要素について話し合い、次にその女神の要素を現す動きを学びます。
後半はエクササイズやペアワークを通して、その女神のもつエネルギーとつながっていきます。

なぜGoddess Dance (女神の踊り)なの?
Goddess Dance Circleでは 古代から伝わるベリーダンスの基本の動きを元に、インドの古典舞踊や、その他の踊りの動きを取り入れます。「ベリーダンス」という枠に捉われない踊りなので、Goddess Danceと命名しました。
Goddess (女神)は人間を越えた存在ですが、それと同時に私たちの生き方のお手本でもあります。愛と慈悲の女神、豊穣の女神、変容の女神、美と官能性の女神、母性の女神…女神たちは女性のもつ様々な要素を網羅し、彼女達の神話は私たちにどう生きていくべきかを教えてくれます。私たちの中にもそのような神性(女神性)が存在していますが、踊り手、表現者としてその部分とつながることこそが最も素晴らしい体験であり、そして観る者の心を動かすことになります。

ベリーダンスを踊ったことがなくても参加できるの?
Goddess Dance Circleでは技術ではなく、“想い”や“メッセージ”に焦点を当てます。
ワークショップ前半で基本的な動きを練習するので、ベリーダンスが初めての方はもちろんのこと、踊りの経験がない方も参加することができます。
またベリーダンスを踊る方には通常のレッスンでは取り上げられない、動きを越えた側面を学ぶ場となります。
もしもベリーダンスの動きをより上達させたい場合はAwa Belly Danceのレッスンに参加することをお勧めします。


* 服装について

動きやすく、体のラインが分かりやすい服装をお勧めします。
素足で踊るのでシューズは要りません。冬場は寒いので滑らないような靴下などを履いていただいてもかまいません。

持ち物について
飲み物、ワークショップで学んだことのメモを取りたい方は筆記用具などをお持ちください。
他に持ち物が必要な場合は参加ワークショップの都度ご連絡します。

* 子連れについて
動きだけでなく、内面に集中するワークショップのため、お子様連れでのご参加はご遠慮ください。
100%自分のための時間として捉えてご参加ください。

* 見学について
参加することこそに意義があるため、見学はお断りさせて頂いています。

* その他
ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします。